Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
筋トレ

楽な筋トレといえば「EMS」着けているだけで腹筋が割れるというのは本当なのか?

筋トレをしていたり、筋トレについて調べたことのある方なら「EMS」という筋トレアイテムは聞いたことありますよね。

  • 巻くだけで簡単に腹筋が割れる
  • つらい筋トレをしなくても楽に腹筋を鍛えることが出来る

EMS製品は基本的にこのようなウリ文句で販売していますが、果たして本当なのでしょうか。

そもそもEMSはどのような仕組みなのでしょうか。

ということで今回はEMS製品について詳しく紹介していきます。

アイキャッチ画像の引用元

最も楽な筋トレEMSとはなんなのか

そもそもEMSとは「Electrical Muscle Stimulation」の略称で電気刺激を用いて筋肉に直接刺激を与える製品のことをいいます。

今でこそトレーニング製品として世に出回っていますが、 元々は怪我や病気で弱ってしまった筋肉を回復させるためにリハビリとして使用されていたんですね。

時代が進むに連れてその効果を筋肉の強化に利用しようとプロアスリートのトレーニングに採用されていきました。

そして次第にEMS製品は小型化されていき、今のように誰もが使えるようになったというわけ。

EMSの仕組みとは

通常、人間が筋肉を動かす場合には脳から神経を通して筋肉に微弱な電気信号を流します。

これにより電気信号を受け取った筋肉が収縮することで脳からの指示通りに筋肉を動かすことが出来るというわけ。

EMSで筋肉を動かす場合には、電極の付いた製品を直接動かしたい筋肉に貼り付けます。

これにより皮膚の表面から直接電気信号が送られ、脳から筋肉に電気信号が送られるという段階をすっ飛ばして筋肉を収縮させることが出来ます。

簡単に言うと「自分の意志と関係なしに勝手に筋肉が動いてくれる」というわけ。

この仕組みによって楽をして運動が行えるという原理なんですね。

ウェイトトレーニングとの違いは

EMSで筋肉を刺激できる仕組みはわかりましたが、ダンベルやバーベルを利用したウェイトトレーニングと比べるとどのような差があるのでしょうか。

通常行う筋トレではもちろん自分の意志で筋肉を収縮させますよね。

これにより力の入れ具合を調節することが出来ます。

筋肉を増やすために筋トレを行っているならば自分の出来る限りのパワーを発揮してなるべく重たい重量を扱います。

筋トレを行うに連れて徐々に疲労が溜まっていき、どんどん出力できるパワーは減っていくため、限界を超える無理な筋肉の収縮による怪我の危険性はほとんどありません。

しかし、EMSのように直接電気信号を送って筋肉を収縮させる場合では、流す電流の強さによって力の入れ具合が調節されています。

そのため筋肉が無理な収縮をしないように電流を弱くしなければいけません。

つまり、通常の筋トレと比べた場合、負荷が少ないということなんですね。

また、EMSは皮膚に電極を貼るという性質上収縮させる筋肉は皮膚から電流が届く範囲に限定されてしまいます。

EMSで行う筋トレで腹筋は割れるのかダイエット効果はあるのか

EMSに興味のある方の多くは

  • 楽して腹筋を割りたい
  • できるだけ楽して痩せたい
  • つらい運動はキライ
  • 少しの時間で効果を得たい

と考えているでしょう。

それでは本当にEMS製品がウタっているように「着けているだけで」腹筋が割れたり、ダイエットに効果があるのかについてまとめていきます。

EMSで腹筋を鍛えることは出来る

当たり前といえば当たり前ですがEMSで腹筋を鍛えることは出来ます。

むしろ鍛えられないのであれば詐欺になってしまいますからね笑

通常の筋トレに比べれば負荷は弱くなってしまいますが、筋肉が収縮していることに変わりはないので刺激は伝わっています。

とはいえEMSだけで「腹筋は割れるか」と聞かれれば答えはNOです。

なぜなら、腹筋を割る上で最も重要なことは脂肪を減らすことだからなんですね。

腹筋というのは本来、腱で区切られているもので誰でも割れています。

ですが、そのうえに脂肪が覆いかぶさっていることで腹筋の形が見えなくなってしまっているんです。

そのため割れた腹筋を手に入れるためには脂肪を落とすことが必要というわけ。

つまり、EMSの運動だけでは腹筋は割れないということ。

しかし、腹筋を鍛えることで筋肉が大きくなるので脂肪を減らした時に腹筋の形がしっかり見えるようになる効果や、同じ体脂肪率でも腹筋が見えやすくなったりという効果は期待できます。

腹筋をなるべく楽に割りたいのであればEMS+ランニングなどの有酸素運動をするのがいいでしょう。

EMSで部分痩せすることは出来る

EMSに期待されている効果といえば「部分痩せ」ではないでしょうか。

「お腹周りの気になる脂肪をEMSで部分痩せ!」なんていう宣伝をよく見ますよね。

そもそも部分痩せというのが可能なのかという話ですが、「理論上可能ではある」というのが正解ではないでしょうか。

基本的に脂肪は全体的に減っていくと言われ、お腹の脂肪はつきやすく減りにくいので最後の方に減っていくとされています。

しかし、指のように脂肪が付きにくい部位があるのも事実です。

ようするに「動かす頻度が高い部位は脂肪が付きにくい」ということ。

これを逆に考えれば「痩せたい部位の活動量を上げれば脂肪が落ちやすい」と言えるのではないでしょうか。

このことからEMSを脂肪が気になる部位に貼り付け連続的に運動することで部分痩せすることは出来る可能性があるということになります。

とはいえ、先述したとおりEMS自体に脂肪を減らす効果はありませんのでダイエット効果を得るためには有酸素運動を取り入れる必要がありますね。

EMS筋トレ有酸素運動でより効果を高める

これまでのことを踏まえると「EMSだけでは役に立たないのでは?」と思われる方も多いでしょう。

しかし、日本体育大学による研究結果によるとEMSによる運動で筋肉が約20%も大きくなったというデータがあります。

これを見るとEMS自体にも高い筋トレ効果があることが伺えますよね。

とはいえ、EMSだけで筋肉を鍛えるのには限界があります。

そのためEMSと筋トレの併用が最も効果が高いという事が分かっています。

基本的にはウェイトトレーニングを行い、腹筋のようにやるのがめんどくさいと感じやすい部位にはEMSを使う。

これが僕が一番オススメする使い方ですね。

女性のようにあまり筋肉をつけたくないということであればEMSと有酸素運動で脂肪燃焼を優先的に行うのも良いでしょう。

ともあれ、EMS単体で運動を行うよりも筋トレや有酸素運動と一緒に行うことが理想であるということなんですね。

EMS製品を選ぶ時に注意したいこと

EMSは40年以上前から存在している機器です。

初めはプロアスリートなど一部の人しか利用できないものでしたが、今では多くの一般家庭向けの製品が販売されています。

値段だけ見ても千円単位から万単位までピンキリ。

非常に高価なものだと100万円を超えるものまであるんですよ笑

もちろんこれはエステサロンなどに置かれているような業務用のものですけどね。

では、ぼく達のような一般の人が使用する場合どのようなEMS製品を選べばいいのでしょうか。

周波数が20Hzの製品を選ぶ

EMSは製品によって電気信号の周波数が違います。

50Hzや80Hz、20Hzというような感じですね。

その中でも20Hzの周波数を用いているEMSが最も効果的であるという研究結果があるんです。

この研究について報告したのは京都大学名誉教授の森谷 敏夫教授。

森谷教授はEMSについて40年もの間研究を続けている方で、EMSの権威と言っても過言ではないでしょう。

素人目には50Hzや80Hzの方が数字が大きいので筋肉を強く収縮できて効果的のような気がしますが、なぜ20Hzが効果的なのでしょう。

確かに50Hzや80Hzの方が大きな力は出るのですが、すぐに疲労してしまい筋肉の聴力が低下してしまうんです。

逆に20Hzだとそこまで大きな力は出ませんが、疲労が溜まりにくく長時間筋肉の張力を保っていられるため、結果的に効率的なトレーニングになるということなんですね。

これが20HzのEMS製品を選ぶべき理由です。

最新の製品を選ぶ

EMSの製品は日々進化している筋トレアイテムです。

ダンベルやバーベルのような筋トレ器具は大きな変化は起こりませんが、電子機器は常に新しくなっていきます。

古い世代は確かに価格は安いのですが、新しいもののほうが確実に性能が良いんですよ。

どうせ買うなら運動の効果が高いほうが良いですよね?

EMSを選ぶ時はいつから生産されているモデルなのかもチェックできるといいですね。

CMでも話題大人気のEMS製品シックスパッド

あなたもCMで見たことがあるはず!

一流サッカープレイヤーのクリスティアーノ・ロナウド選手が監修していることでも話題ですよね。

CMではロナウド選手の圧倒的な筋肉美も披露されていて、筋トレのやる気が湧いてきます。

シックスパッドですが先述した京都大学名誉教授でEMSについて40年以上研究している森谷教授が制作に携わっているんですね。

なので、もちろん周波数はもっとも運動効果が高い20Hzになっていますよ。

定番の腹筋につけるものから腕や脚用のEMSも用意されていて、全て揃えればEMSだけで全身の筋肉を鍛えることが出来てしまうというからすごいですよね。

特に腹筋用のパッドは「シックスパッド」の名前の通り、腹筋の形に合うように6つのウィングから構成されていて効率よく筋肉に刺激が与えられるように考えられているのが伝わってきます。

1日1回23分でOK鍛えたい部位に張ってボタンを押すだけ

シックスパッドのトレーニング時間は1回たったの23分

そして1回だけで良いんです!(使用は1日1回までとされているので2回以上行わないようにしてください)

どうですか?

これなら「運動する時間がない」なんて人でもテレビを見ながらやっていたらすぐに終わってしまいますよね。

23分のトレーニング時間の間にシックスパッドはウォームアップ、トレーニング、クールダウンまで自動で行ってくれるので、あなたはボタンを押すだけ!

短時間かつ、貼るだけでOKなシックスパッドを手に入れたらもうやめられません。

20段階の強度調節で初心者や女性アスリートまで使える

シックスパッドの強度レベルは20段階。

初めて行う人や、女性は1〜5程度の弱めのレベルから始めましょう。

逆に、普段から筋トレやスポーツを行っていて負荷が弱いと感じるようであれば最大の20で行い、腹筋をガッツリ刺激しちゃってください。

どのような人でも使えるので家族や恋人同士なんかで使うのも良いですよね。

スマートフォンのアプリと連動してデータを記録

シックスパッドにはBluetoothが搭載されていてiPhoneやAndroidなどのスマホのアプリと連携させることが出来るんです。

連携させることによって強度の調節はもちろん、トレーニング状態を可視化してみることが出来ちゃうんです!

鍛えている部位を認識することでトレーニングの効果が高まるのでこれは嬉しい機能。

更に、トレーニングの記録をつけられたり、専門家からのアドバイスも受け取れちゃうんですね。

継続するのが苦手な人でもアプリと連携することで楽しく続けられるようになります。

忘れっぽい人にもリマインド機能があるので安心ですよ。

薄くて軽いコードレスEMS

シックスパッドは充電式なので装着中にコードなどが体にひっくような煩わしさが一切ありません。

これなら着けたままで掃除や洗濯などはもちろん、本を読みながらでも筋肉を鍛えることが出来ますよね。

更に、薄さがなんと約3mm!

EMSはどうしても「異物感」や「装着感」が気になってしまうのですがシックスパッドならその悩みも解決できてしまうというわけ。

まさに「身につけるトレーニング・ギア」ですね。

1年間の品質保証送料無料

シックスパッドは購入から1年間の品質保証がついていて、期間内であれば故障しても無料で修理・交換してくれるので安心。

複雑な機械なので取り扱いには注意するでしょうが、突然動かなくなってしまうこともありえますからね、嬉しい保証ですよね。

また、送料が無料なのも嬉しいポイント。

しかも、14時までの注文なら当日中に発送してくれるという対応っぷり。

最近では通信販売サイトが主流ですが、やっぱり公式サイトからの注文の方がなにかと安心できますよね。

シックスパッドがおすすめな人

辛い筋トレが続けられない人

運動が苦手な人

できるだけ楽に体を鍛えたい人

腹筋を鍛えたいけどめんどくさい人

トレーニング時間が取れない人

腹筋運動をする筋力が無い人

以上の方にはシックスパッドを心からおすすめできます。

シックスパッドを使用した人を対象に行なった実験では使用前と使用後の筋肉量では12%もの差がありました。

1日たった23分間体に貼っているだけで筋肉を鍛えられるシックスパッドで運動の習慣をつけてみては?

合わせて読みたい腹筋特集

合わせて読みたい

腹筋の筋トレはめんどくさい!他の筋肉と一緒に効率よく鍛えて腹筋を割る方法とは?

腹筋が弱くて筋トレできない人がシックスパックを目指す方法!

腹筋の形がズレている!左右非対称の腹筋のズレを治す方法とは?