Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
筋トレするならまずはダンベル
日焼け

日焼けで筋肉を強調。筋トレしている人におすすめなセルフタンニング!赤くなるだけで焼けない人でも簡単に小麦肌になれる方法とは?

皆さん日焼けしてますか?

夏の海やプールでいい感じに日焼けしてる人ってなんかカッコよく見えますよね。

特にマッチョが日焼けしているとめちゃくちゃカッコイイんですよこれが。

海が似合うし、なにより目を引きます。

逆に、肌が白いと不健康そうに見えるし周りから浮いてしまいます。

でも、焼きたいけど日焼けできない人っていますよね。

  • 日焼けしても赤くなるだけですぐに元に戻ってしまう
  • 皮がむけて汚らしくなってしまう
  • 元から色白でなかなか焼くことが出来ない
  • 白い肌が恥ずかしい
  • 日焼けマシンで焼いても効果がない
  • 肌が白くてイマイチ筋肉に迫力がない

上の項目に1つでも当てはまったら是非この記事を最後まで読んでいってください。

どんなに日焼けしない人でも簡単に日焼けする方法があるんです。

それがセルフタンニング!

紫外線の影響を受けずに日焼けすることが出来るのでとても安心なんですね。

セルフタンニングについては最後にまとめてあります。

まずは筋トレしている人が日焼けをすることで得られるメリットを読んで

「日焼けしてええええ」って感じでモチベーションをぶち上げてください。

それではどうぞ。

アイキャッチ画像の引用元

筋トレをしている人は日焼けするべき!

程よく日焼けした肌ってどこか色気を感じますし、なによりアクティブなイメージから健康的に見えて人から好印象を持たれますよね。

筋トレをしている人にとっての日焼けは、これ以上に多くのメリットを得ることが出来るんです。

どのようなメリットがあるのかを見ていきましょう。

今すぐセルフタンニングの方法を知りたい方はこちらをクリック

筋トレしている人が日焼けをした方がいい理由①筋肉が際立って見える

ボディビルダーなどの筋肉の大会に出場する方は必ず体を黒くしていますよね。

これにはきちんとした理由があるんです。

体を日焼けによって黒くすることで筋肉の凹凸をハッキリさせて、1つ1つの筋肉を際立たせることがボディビルダー達の目的。

体が白いと光の反射のせいで筋肉がハッキリと見えなくなってしまうんです。

写真などを取る時にあえて光を強く当てて「白飛び」させるのはこの原理と同じ。

ボディビルダーは特にステージ上で強い光が当たるので、白い体だといくら筋肉が大きく、カットのある体でも見栄えが悪くなってしまうというわけなんですね。

とはいえ、これはボディビルダーに限った話ではありません

筋トレをして筋肉をつけてかっこいい体になりたいと思っている人にも同じことが言えます。

体が白いままだと、せっかく筋肉があっても凸凹感が強調されずに、筋肉があることがわかりづらくなってしまいます。

また、色白だと不健康なイメージを与えてしまうので健康的なイメージを持たれる筋肉質の体とミスマッチしてしまい、気持ち悪いと思われしまうことさえあるんです。

せっかくかっこいい体なのにこんなイメージを持たれてしまってはもったいないですよね。

日焼けをして肌を黒くすると引き締まったイメージを与えることもできて、かっこよさに更に磨きがかかるので筋トレをしている人は適度に日焼けしたおくのがベター!

日焼けするならセルフタンニング

↑目次へ戻る↑

筋トレをしている人が日焼けをした方がいい理由②頼りがいのあるイメージを持ってもらえる

少しイメージしてみてください。

色白ってなんとなく頼りなく見えませんか?

肌が白いとなんとなく、インドアなイメージでなよなよとした印象を与えてしまうんですよね。

仮に筋肉があってもそのイメージは払拭しきれないんですよ。

逆に、程よく日焼けした人って、マッチョじゃなくてもなんとなく頼りがいがあるようにみえませんか?

これがあなたのように筋肉質な体の持ち主ならもっと頼りがいがでますよね。

ただ色が黒いだけでこれだけイメージに差が出るものなんです。

しかも、頼りがいのある男性ってモテるんですよ。

特に夏は女性も積極的になっている時期なので、見た目が良いと食い付きがあがります。

女性に「モテたい」と思っている方は是非日焼けをして、好感度をアップさせましょう!

日焼けするならセルフタンニング

↑目次へ戻る↑

筋トレをしている人が日焼けをした方がいい理由③髭やすね毛などのムダ毛を目立たなくしてくれる

多くの女性は男性の「ムダ毛」が苦手です。

特に胸毛やすね毛はどうしても生理的に受け付けないという人は多くいます。

「だったら剃っちゃえばいい」と思うかもしれませんが、ツルツルなのもあまり好きではないんですよ女性って。苦笑

じゃあどうすればいいのか、答えは目立たなくすること。

日焼けをすると肌が黒くなるので、ムダ毛と色が近くなることでかなり目立たなくすることが出来るんです。

また、ムダ毛が多いと筋肉の凹凸を分かりにくくしてしまうこともあるのでせっかくのマッチョボディが台無しになってしまうことも。

日焼けをしておけば筋肉の凹凸が強調され、ムダ毛も目立たなくなるのでより一層かっこいい体になれるというわけなんです。

日焼けするならセルフタンニング

↑目次へ戻る↑

日光での日焼けにはデメリットがある!

筋トレをしている人が日焼けをした方がいいということは分かってもらえたと思います。

筋肉の見栄えを良くしてくれるなど筋トレしている人には嬉しいことばかり!

しかし、日焼けには大きなデメリットもあるんです

日焼けするためには強い紫外線を浴びることになるのでそれ相応のリスクがあるというわけなんですね。

というわけで具体的なデメリットをまとめていきます。

肌を痛めないセルフタンニングの方法はこちら

↑目次へ戻る↑

日光で日焼けをすることのデメリット①皮膚がんのリスク向上

強い紫外線を長時間浴びることによって皮膚がんのリスクが高まってしまうんですね。

環境破壊などの影響で紫外線は年々強くなっていて、オーストラリアのように特に紫外線の強い国ではがん患者の約半分が皮膚がんであるという統計もあるほど。

日本はオーストラリアほどではないにしろ紫外線による肌への影響は多くあるといえるでしょう。

日焼けが皮膚がんになってしまう原因としてあげられるのは、紫外線をあびることで、基底細胞にある遺伝子が壊れてしまうから。

基本的には傷ついた遺伝子は修復されるのですが、大量の紫外線を浴びることで傷がたくさんできてしまうと修復しきれないことがあるんです。

また、正しい状態に修復できずに誤った遺伝子になってしまうこともあります。

そして、この誤って修復されてしまった遺伝子が皮膚がんになってしまう原因になってしまうというわけ。

かっこよさを手に入れても病気になってしまっては元も子もありませんよね。

肌を痛めないセルフタンニングの方法はこちら

↑目次へ戻る↑

日光で日焼けをすることのデメリット②肌の老化

強い紫外線を浴びることにより、シミやそばかすが顔にできやすくなってしまいます。

女性が日焼け止めを塗る多くの理由はこれを防ぐため。

とはいえ、男性も実年齢よりも老けて見えたり、ソバカスだらけの顔になるのは嫌ですよね。

紫外線をたくさん浴びることで、すぐには表面に現れなくても将来的にシミが増え、肌がたるんでしまい一気に顔が老けてしまう可能性が非常に高いです

筋トレをしていると年をとっても健康でいられるので、若々しく見られることが多いはずなのに、シミやそばかすのせいで老けて見えてしまうの嫌じゃないですか?

特に男性は年齢とともにかっこよさに磨きがかかりますから、顔の印象は悪くしないに越したことはありませんよ。

肌を痛めないセルフタンニングの方法はこちら

↑目次へ戻る↑

日光で日焼けをすることのデメリット③日焼けは火傷

海やプールに行くと多くの人は日焼けをしますよね。

そうすると肌がヒリヒリしたり、真っ赤になったりすると思います。

この状態になると洋服を着ているだけでヒリヒリして体中が痛くなったり、水風呂しか入れなくなってしまうなど生活に大きく影響してきますよね。

実はコレ、日焼けによって肌が「火傷(やけど)」を負ってしまっている状態なんです。

紫外線による影響も非常に大きいですが、日焼け自体が「火傷」と同じなので、皮膚として考えると、日焼けをしない方が良いんです。

特に元が色白な方が長時間日光を浴びて日焼けをすると

  • 水ぶくれが出来る
  • 発熱する
  • 倦怠感に襲われる
  • 吐き気や頭痛がする

などの合併症を引き起こす可能性があるので要注意。

肌を痛めないセルフタンニングの方法はこちら

↑目次へ戻る↑

日焼けマシンならこれらの問題を解決できるんじゃないの?

日光での日焼けによるデメリットの多くは「紫外線」によるものでした。

では、肌への影響を少なくした人工的な光を当てて日焼けを行う日焼けマシン(日焼けサロン)なら大丈夫なのでは?と思いますよね。

残念ながら答えは、NO

確かに日焼けマシンは人体への影響を少なくするために紫外線の量を調節してあります。

そのため日光で日焼けをするよりは多少リスクは減るでしょう。

とはいえ、皮膚を焼く事に変わりはないので日焼けによるデメリットを完全になくせるわけではありません。

また、アメリカ、ドイツ、イギリスなどの国では日焼けマシンが危険であるという認識を強く持っているため利用規制が行われているんです。

カリフォルニア大学の研究チームによると、8万人のデータを分析したところ日焼けマシンを利用したことがある人はない人に比べて「基底細胞がん」の発症リスクが28%「扁平上皮がん」は67%高くなるという結果を発表しています。

さらに、最も危険とされる「メラノーマ(悪性黒色腫)」のリスクも59%増加するとされていてアメリカの皮膚科学会は「日焼けはマシンの利用は自殺行為」とコメントしたそうです。

西欧の国には白人が多く、皮膚がんのリスクが高いためにここまで規制が進んでいるという背景もありますが、我々日本人のような黄色人種であっても皮膚がんのリスクが低くなるわけではありません。

むやみに日焼けサロンで焼くのもやめた方がいいと言わざるを得ませんね。

肌を痛めないセルフタンニングの方法はこちら

↑目次へ戻る↑

日焼けするならセルフタンニングローション「ブロンズターナー」を使おう!

日光による日焼けのデメリットを読んで「日焼けしたけどやっぱりやめよう……」と思ってしまった方に朗報です。

セルフタンニングローションである「ブロンズターナー 」を使えば皮膚に害を与えることなく日焼けすることが出来ますよ。

セルフタンニングとは専用の液体を体に塗ることで肌の色を染めてくれるという画期的な方法のこと。

「日焼けのリスクを負わずに小麦色の肌を手に入れたい人」や「日光や日焼けマシンでは全然焼けないと悩んでいる人」にめちゃくちゃおすすめなので、少しでも「日焼けしたいな」と思っている人は最後まで読んでいってください。

ブロンズターナーなら紫外線の影響を一切受けずに短時間で小麦肌になれる!

ブロンズターナー で小麦色の肌を手に入れるための方法は、肌にローションを塗るだけ。

日光や日焼けマシンで体を焼く必要は一切ないので紫外線の悪影響を受けることがありません。

そのため、皮膚がんのリスクもなければシミやたるみなどによる肌の老化も防ぐことが出来るんですね。

ブロンズターナーには特殊な成分が含まれていて、これを肌に塗ることで角質層が小麦色に染まるんです。

言うなれば髪の毛を染める時に使う染め粉のようなイメージ。

ブロンズターナー自体には色がついているわけではなく透明なのですが、肌に塗って乾燥させることにより肌の色が小麦色に染まっていきます。

日光や日焼けマシンで日焼けをする場合は、何日も継続して焼く必要がありますよね。

焼けにくい人はかなり時間がかかることもあるでしょう。

しかし、ブロンズターナー は塗ってから12時間後には肌が小麦色に変化します。

日光や日焼けマシンの日焼けのようにヒリヒリしたり、赤くなってしまうなどの心配はありません

ブロンズターナー があれば急に海やプールに誘われたりしても大丈夫!

寝る前に塗っておくことで次の日には適度に焼けた健康的な肌を手に入れることができるので、白い肌で恥ずかしい思いをすることはありません。

ブロンズターナーの公式サイトはこちら

ブロンズターナーなら日焼けしづらい人でも簡単に小麦肌になれる !

ぼくは元から色白なことがコンプレックスで毎年夏前になると、家のベランダなどで日焼けをしていました。

ですが、全く焼けないんですよねこれが。

海に行ったときには焼けるかなと思っていたのですが、赤くなってヒリヒリして元に戻ってしまいました。

かっこいい小麦肌になるどころか、皮が向けて汚い印象になってしまったんです…….

同じような悩みを抱えている人は多いと思います。

でも、ブロンズターナー なら体に塗るだけなので焼けにくい人も焼けやすい人も関係ありません。

体全体に塗って、12時間放置するだけで程よく焼けた肌を手に入れることができるんです。

赤くもならないし、ヒリヒリもしないし、皮が向けて汚くなってしまうこともありません!

肌に塗るだけでかっこいい小麦肌になることが出来るんです。

とはいえ、肌に直接塗る製品なので個人差はありますが乾燥しやすくなってしまうこともあるそうです。

乾燥が気になる場合は、お風呂上がりなどに化粧水を塗るようにしましょう。

マッチョな男性が小麦色だと筋肉が際立ち、色気も出て、女性にモテること必至。

全く焼けない人や、赤くなってヒリヒリしてしまう人は体質なので変えることは出来ません。

さらに、このような体質の人は皮膚がんのリスクが高いので日光や日焼けマシンでの日焼けは避けたほうが良いでしょう。

ブロンズターナー なら皮膚がんの心配も肌の老化の心配をせずに程よく日焼けした肌を手に入れられますよ。

ブロンズターナーの公式サイトはこちら

ブロンズターナーなら自分の好きな時にすぐに肌を小麦色に出来る!

日光や日焼けマシンでの日焼けではいくら焼けやすい人でも継続的に日焼けをする必要があるので、結構めんどくさいんですよね。

時間も取られるし、何度もいうように長時間紫外線を浴びるのはかなりリスキー。

しかし、ロンズターナーなら紫外線の心配は無用!

寝る前に塗っておけば次の日には程よく日焼けした肌になることができます。

また、何もしなければ1週間ほどで元に戻るので「夏だけ黒くなりたい」というわがままな願いも叶えることが出来ます。

一度日焼けしてしまうと元に戻るのに時間がかかる人もいますからね。

冬に肌が黒いのは嫌だという人も多いので、焼きたいときだけ焼いてあとは元通りになるブロンズターナー はとても利便性が高いといえるでしょう。

逆にいうと1週間近くで元の肌の色に戻ってしまうので、継続的に小麦肌になりたい場合は2~3日に一回塗り直すなどの工夫が必要です。

ブロンズターナーの公式サイトはこちら

【料金】日光VS日焼けサロンVSブロンズターナー【時間】

日光、日焼けサロン、ブロンズターナーを利用した場合の日焼けにかかる時間・料金を比較してみました。

それぞれのメリットやデメリットに注目しながら参考にしてみてください。

日光で日焼けする場合

特に料金はかかりません。

時間に関しても、日焼けマシンのように「1回30分」などの制約はないので好きなだけ日焼けすることが出来ます。(紫外線……)

しかし、日光を長時間浴びることで紫外線の影響を強く受けるので皮膚がんのリスク向上、シミやたるみなどによる肌の老化などデメリットがあります。

また、日光での日焼けはムラになりやすく、全身を満遍なく日焼けするのには向いていません

日焼けマシンで日焼けをする場合

激安店舗と呼ばれる日焼けサロンでも30分1,000円くらいかかるのが普通です。

また、日焼けサロンで全身を満遍なく日焼けするにはおおよそ10回、焼けにくい人はもっと通う必要があるので最低でも1万円、多い人では2万円以上はかかってしまうんですね。

日焼けマシンも日光ほどではないにしろ、外国では利用規制が出てしまうほどのものなのでデメリットは大きいと言えます。

とはいえ、全身をムラなく日焼けすることに特化しているのでまだまだ根強い人気があるのも事実。

ブロンズターナーの場合

ブロンズターナー は1本税込みで2,916円。

ブロンズターナーは日焼けマシンと違い1回で全身を満遍なく日焼けすることが出来るのでかなりお得。

ブロンズターナーは塗ってから12時間で肌の色が変化するので、塗って寝るだけで次の日には程よく日に焼けた肌になっているのも嬉しいポイントですね。

また、内容量が150mlあるため、塗り直しを行うことである程度の期間は日焼けを維持することが出来てコスパが良いんです。

さらに、日光や日焼けマシンのように皮膚がんや、肌のシミやたるみなどのデメリットは一切なく、非常に安全に日焼けが出来ます。

誰でも簡単に日焼けした肌になれるブロンズターナーですがデメリットもあります。

腕や体の前側は自分で塗ることが出来ますが、背中は人に頼まないと手が届かずムラになってしまう可能性があるんですね。

また、強い摩擦を加えると色が落ちてしまうこともあるのでお風呂に入る時はゴシゴシ洗わないように気をつけなくてはいけないというのが大きなデメリット

とはいえ、家族や友達、恋人に塗るのを手伝って貰えば済みますし、普通に体を洗う程度では落ちないので少し意識すれば大丈夫。

日光や日焼けマシンでの日焼けによるリスクやコストに比べれば大したことはありません。

ブロンズターナーの公式サイトはこちら

送料無料&まとめ買いで最大20%OFF

ブロンズターナーは送料無料。

※公式サイトには2本から送料無料と記載されていますが、実際には1本でも送料は無料です。

ぼくも戸惑いましたが商品をカートに入れると送料無料であることがわかりました。

さらに、まとめ買いすることで最大20%の割引が適用されます。

2本で10%OFF、3本で15%OFF、4本以上で20%OFFの割引額での提供。

「1人でそんなに使わない」という方でも、友だちの分もまとめ買いすれば1本あたりの価格を安くできちゃいます。

今年はみんなで日焼け肌を手に入れてパリピしてみませんか?

ブロンズターナーの公式サイトはこちら

ブロンズターナーがおすすめな人

筋肉はあるのに肌が白くてイマイチ迫力にかけるなと思っている人

筋肉の凹凸をはっきりさせたい人

色白で気持ち悪がられた経験がある人

日光や日焼けマシンで焼いても全然小麦肌になれない人

日焼けしても赤くなるだけですぐに元の色に戻ってしまう人

日焼けしたくても紫外線に弱くて日光に当たれない人

ブロンズターナーの公式サイトはこちら

ブロンズターナーの使い方・注意点

f:id:tomorrow-be-muscle:20170806183744p:plain

公式サイトより転載

ブロンズターナーに関するよくある質問

f:id:tomorrow-be-muscle:20170806183245p:plain f:id:tomorrow-be-muscle:20170806183307p:plain

公式サイトより転載

ブロンズターナーの公式サイトはこちら

まとめ

どうですか、日焼けしたくなってきましたか?

ぼく自身も太陽に当たってもなかなか焼けない体質なのでかなり助かっています。

最近は紫外線の破壊力も格段に上がってるので自衛のためにもセルフタンニングが今以上に当たり前になってくるでしょうね。

今年の夏は健康的に焼けた体で海やプールに堂々と行ってやりましょう!

それでは。

ブロンズターナーの公式サイトはこちら

合わせて読みたい

低負荷の筋トレでも筋肥大は起こる?限界まで追い込むことで筋肉を増やす!