Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
筋トレ

筋トレ後のランニングは脂肪燃焼に効果的!ダイエットを成功させたいなら成長ホルモンを活用して脂肪燃焼を促そう

筋トレをしている人の中にはダイエット目的の人も多いでしょう。

肉体改造のために筋トレを行っている人でも体脂肪率を落とす減量期には必然的にダイエットに励むことになりますよね。

その際、有酸素運動として「ランニング」を取り入れる人は多いのではないでしょうか。

体脂肪を効率よく落とすのにランニングなどの有酸素運動は効果的ですが、筋トレの後に行うことでその効果をより高めることが出来るのを知っていますか?

今回は筋トレ後のランニングによる脂肪燃焼効果について紹介していきます。

効果的に脂肪燃焼したいなら筋トレ後にランニング

ランニングなどの有酸素運動で効果的に脂肪燃焼したいなら絶対に筋トレ後に行ったほうが効率的です。

その理由について説明していきます。

筋トレは無酸素運動ランニングは有酸素運動

まずは筋トレとランニングの違いを説明させてください。

筋トレは無酸素運動で長時間続けることのできない瞬発的な筋肉の運動です。

その際にエネルギーとして使われるのが「糖質(炭水化物・グリコーゲン)」なんですね。

対してランニングは有酸素運動で長時間続けることの出来る持久力が必要とされる運動です。

そしてエネルギーとして使われるのは「脂質(体脂肪)」

有酸素運動が体脂肪を落とすのに効果的なのは使われるエネルギーの違いにあるというわけなんですね。

とはいえ、有酸素運動でも始めのうちは糖質がエネルギーとして使われます。

体がエネルギーを必要とするとまず初めに「糖質」を使うんですね。

その後「糖質」を使い切っても継続的にエネルギーが必要な場合に「脂質」を使うことになるというわけ。

このことを頭に入れて下記に例を挙げて説明していきますね。

  • 筋トレを先に行ってからランニングを行った場合

筋トレを先に行うのでまずは「糖質」がエネルギーとして消費されます。

その後のランニングでは「糖質」の残量が少ないor無いので「脂質」がエネルギーとして消費されやすくなり、脂肪燃焼の効果が高くなるというわけ。

  • ランニングを先に行ってから筋トレを行った場合

ランニングを先に行った場合でもまずは「糖質」がエネルギーとして消費されます。

その後筋トレをするときにはすでに「糖質」の残量が少なくなってしまっているので、パワー不足になってしまい、筋トレの効率が悪くなってしまうというわけ

つまり、筋トレ→ランニングの場合筋トレの効果はそのままに脂肪燃焼の効果を高めることが出来るというわけ。

逆にランニング→筋トレの順番にしてしまうと脂肪燃焼するまでに時間が多くかかる上に、筋トレの効果を台無しにしてしまうというわけなんですね。

どちらの順番で行えば良いかは明白ですよね?

筋トレ後のランニングは脂肪燃焼までの時間を短縮する効果がある

「有酸素運動は最低でも20分以上やらないと効果がない」

という事を聞いたことがあるのではないでしょうか。

これは先程説明した、体がエネルギーを必要とした時に糖質→脂質の順番で消費されることが関係しているんです。

要するに20分以下で終わってしまうとランニングの目的である脂肪をあまり使われないということ。

そのためランニングを先に行うと少なくとも30分はランニングに時間を割かなくてはいけないことになってしまいます。

しかし、筋トレを先に行っておけば糖質を先に消費しているためランニングを行うときには効率よく脂肪を燃やすことが出来る状態になっています。

結果としてランニングを行う時間が短くてすむというわけなんですね。

筋トレ後は成長ホルモンが分泌されているので脂肪燃焼が促進される

筋トレ後のランニングが効果的なのは使われるエネルギーの順番だけではありません。

筋トレを行った後には「成長ホルモン」や「アドレナリン」などが分泌されます。

成長ホルモンには筋肉の発達を促す効果の他に、体脂肪の分解を促進する効果もあるんです。

そのため、体脂肪は分解され遊離脂肪酸となることで血中に放出されるのでエネルギーとして燃焼されやすくなるというわけ。

この状態でランニングなどの有酸素運動を行うことで体脂肪を効果的に減らすことが出来るんですね。

つまり、ランニングで効果的に脂肪燃焼させるには筋トレ後に行うのがベストというわけなんです。

大きな筋肉を鍛えることで成長ホルモンの分泌量が増える

脚(下半身)・背中・大胸筋などの大筋群と呼ばれる大きな筋肉の部位を鍛えることで成長ホルモンの分泌量が増えます。

特に下半身は人間の筋肉の70%を占めているので、鍛えることで成長ホルモンがドバドバ分泌されるんです笑

スクワットやレッグプレスなどの下半身全体を使う筋トレを取り入れるようにすると良いでしょう。

下半身の筋トレの後にランニングを行うのは大変ですが、間違いなく脂肪燃焼の効果は高くなりますよ。

逆に腕や肩などの小さい筋肉は成長ホルモンの分泌量はそれほど多くはありません。

ランニングを行うなら大筋群の筋トレを行う日に取り入れるとより効果的に脂肪燃焼ができます。

筋トレをすることで基礎代謝が上がりダイエットに効果的

筋トレ後にランニングをしよう!という内容とは少し離れるかもしれませんが、筋トレをすることはダイエットの効果を大きく高めることになります。

ランニングなどの有酸素運動は消費カロリーも大きく、脂肪燃焼への効果は高いですが、長時間のランニングは筋肉を減少させてしまうことになりかねません。

筋肉の減少はスタイルを悪くし、体重は減っているのに一向にかっこいい・綺麗な体になれないということにつながってしまうんですね。

筋トレをすることで筋肉が発達すると基礎代謝が向上し、何もしなくても消費されるカロリーが増えるので過度な有酸素運動を防ぐ事ができます。

その結果適度に引き締まったかっこいい・綺麗な体になることが出来るというわけ。

つまり、ダイエットの本来の目的である「かっこいい・綺麗な体になる」ことの達成につながるので筋トレはダイエットに効果的というわけなんです。

もし今あなたが有酸素運動だけしか行っていないのであれば、今すぐに筋トレを取り入れるようにしてみましょう。

筋肉をつけて脂肪を燃焼させるためのプロテイン摂取

筋トレをしているひとにはおなじみのプロテイン。

多くの人は筋トレ後に飲むことが多いですが「筋トレと有酸素運動をしているのですがプロテインを飲むタイミングが分かりません」という質問を受けることがあります。

これに関しては様々な考え方があると思いますが、僕は迷わずに筋トレ後にプロテインを飲んで有酸素運動を行います。

なぜなら筋トレ後30分はゴールデンタイムと呼ばれ体が一番栄養を欲している状態だからです。

この時に素早くたんぱく質を摂取してあげることで筋トレによって傷ついた筋繊維を修復し、超回復による筋肉の発達を促すことに繋がるというわけなんですね

「プロテインを飲んで有酸素運動したら脂肪燃焼の効果が下がるのでは?」

と、思う方もいるかもしれませんがプロテインに糖質はほとんど含まれていません。

水で溶かして飲んでいる方であれば影響はないと言えるでしょう。

とはいえ、これは僕が筋肉をつけることを第一に考えているためです。

あなたが脂肪燃焼第一で考えている場合は筋トレと有酸素運動が終わった後にプロテインを飲んでも問題はありません。

どちらが正解というのはないので、自分の目的に応じて摂取するタイミングを変えてみるのも良いでしょう。

>>おすすめのプロテイン!

筋トレ後のランニングで効果的に脂肪燃焼まとめ

筋トレ後にランニングすることで脂肪燃焼の効果を高めることが出来るということを分かってもらえたと思います。

筋トレをして糖質を使い切り、成長ホルモンが分泌された状態でランニングを行うことで脂質をエネルギーとして消費し、体脂肪を分解して燃焼するとことに繋がる。

ダイエット目的で筋トレしている人、減量期で体脂肪をなるべく落としたい人はこの順番で行っていくようにしましょう。

それでは。

次はコチラをどうぞ

どうして筋トレがダイエットに効果的なのか徹底的に解説!