Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ダンベル

ダンベル買うならラバー付き!ラバーダンベルの特徴まとめ

<<間違いなし!ダンベルおすすめベスト3>>

▼当サイト人気のダンベル

【第1位】Motions可変式ダンベル《自宅筋トレがジム並みに》

【第2位】アイロテックラバーダンベル《迷ったらこれで決まり》

【第3位】ファイティングロードラバーダンベル《コスパ重視のあなたに》

ぼくはダンベルを選ぶなら「ラバーダンベル」を購入することをおすすめしています。

今回はラバーダンベルがどのようなものなのか、メリット・デメリットは何かについて詳しく解説していきます。

恐らくあなたは初めてのダンベル購入で色々と悩んでいるところでしょう。

その中でも「ダンベル ラバー」で検索してきたということは、ラバーダンベルの事が気になっているということですよね。

この記事でラバーダンベルについて知ってもらえれば光栄です。

また、初心者向けに徹底的にダンベル選びの方法も書いているのでよろしければこちらも読んでみてくださいね↓

合わせて読みたい

【必見】ダンベルおすすめ15選!確実に筋肉をつける選び方とは?

アイキャッチ画像の引用元

ラバーダンベルとは

f:id:tomorrow-be-muscle:20180109181050j:plain

画像の引用元

知っている方が多いとは思いますが、軽くラバーダンベルについて説明しますね。

ダンベルは大きく分けると2種類あります。

1つ目がプレート部分の金属がむき出しの状態の「アイアンダンベル」

そしてもう一つが今回紹介する「ラバーダンベル」なんですね。

ラバーダンベルはプレート部分をラバーで覆ってあるダンベルの事をいいます。

ダンベルとしての機能はそのままに、静音性・耐衝撃性に優れたものになっているんですね。

また、基本的にラバーダンベルはプレートの枚数を変えることで重量を変更できる「可変式ダンベル」として販売されています

重量固定式の「鉄アレイタイプのダンベル」ではラバー付きのものはほとんどありません。

ラバーダンベルのメリット

それではラバーダンベルのメリットを見ていきましょう。

床に傷がつかない

ラバーダンベルを購入する方で最も多いのが「ダンベルで床を傷つけたくない方」です。

アイアンタイプのダンベルや、鉄アレイタイプのダンベルの場合は金属がむき出しなので、フローリングなどで使用すると当然傷がつきます。

持ち家であればある程度は許容範囲内かもしれませんが、賃貸ですと傷はつけられませんよね。

ラバーダンベルはプレート部分をゴムで覆っているのでフローリングを傷つける可能性はほとんどありません。

静音性が高い

金属部分をラバーで覆っているため静音性にも優れています。

金属を落とすと、結構な音がなりますよね。

あれがなくなるので、かなり音は小さくすみます。

マンション、アパートなどの集合住宅で筋トレを行う場合は階下の方への影響も考慮しなければいけないのでラバーダンベルはそのような点で一役買ってくれるでしょう。

互換性が高い

最近はラバーダンベルが主流になってきているので、ほとんどのメーカーが同じような規格で商品を作っています。

そのため、新しくプレートを追加するときなどにわざわざ同じメーカーにしなくても安いメーカーのものを購入して使いまわすことが出来るんですね。

やはり流通が多いものを使っておくとあとあと便利!

ラバーダンベルのデメリット

それでは次にラバーダンベルのデメリットを見ていきましょう。

買ってからしばらくはオイル臭やゴム臭がする

ラバーダンベルは新品で届くとかなりの「ゴム臭」「オイル臭」がします。

これは大なり小なりどのメーカーのものを購入してもしてしまうものなのですが、結構きつめの匂いなので苦手な方はかなり苦手かもしれません。

とはいえ、雑巾に洗剤を付けてあらったり、直接洗剤で洗えばかなりマシになります。

また、購入から1ヶ月くらいは使用していない時に陰干ししておくと臭いはなくなりますのでそこまで気にする必要もないかもしれません

ですが、臭いに敏感な方もいますので、1人暮らしではない場合は同居人に相談してから購入したほうが良いかもしれませんね。

アイアンダンベルと比べると割高

やはり、ラバーが付いている分アイアンダンベルと比べると割高ではあります。

メーカーによりますがAmazonで見てみるとだいたい1,000円〜3,000円程度の差が確認できました。

この価格差をどのように捉えるかはあなた次第ですが、アイアンダンベルよりも高いのは事実ですね。

ラバーダンベルがおすすめな方

上記のメリット・デメリットを踏まえた上でどのような方にラバーダンベルがおすすめかをまとめてみました。

当てはまる方は、購入を検討してみても良いかもしれませんね。

自宅の床がフローリングなどの傷がつきやすい素材

集合住宅に住んでいて階下に住人がいる方

筋トレ器具にお金をかけるのが惜しくない方

ゴム臭やオイル臭が好きな方笑

おすすめのラバーダンベル

それでは最後にぼくがおすすめするラバーダンベルベスト3を発表したいと思います。

価格や使用感など、総合的に見てのランキングなので是非参考にしてみてくださいね。

第3位ファイティングロード

ファイティングロードのダンベルはコスパが良いですね。

ではなぜに3位なのかというとラバー部分に刻印されている「FIGHTING」という文字をダサいと思う方もいるだろうという結果に落ち着いたからです(笑)

「そんなの全然気にならないわ!」という方にはかなりおすすめのダンベルですね!

第2位ワイルドフィット-白ラバー

はい。かっこいいので2位です笑

ワイルドフィットのダンベルにはラバーの色が白のものがあるんです。

完全に個人の意見なんですが、多くのメーカーが出しているラバーダンベルって赤色なんですよ。

だから持っている人が多くてつまらないなーと思っていたところ、白があったんです!

完全にそこに持っていかれているので興味ない人は興味ないかもしれませんが、おすすめです!

第1位アイロテック

価格は高くも安くもなく、ちょうど中間といったところでしょうか。

アイロテックがおすすめなのはメーカーへの信頼の厚さや評価の高さ。

また、ラバーダンベル特有の臭いの改善にも力を入れているようで最近ではかなり臭いが低減されているようです。

とはいえ、少なからず嫌な臭いはすると思いますので、陰干しや洗剤で洗うなどの方法で臭い対策はしておきましょう。

ラバーダンベルは高いと思っている方はポリエチレンダンベルを見てみては

f:id:tomorrow-be-muscle:20170429095818j:plain

画像の引用元

「ラバーダンベルは静音性にも優れているみたいだし、結構いい感じだけどやっぱり高い!」

そう思っている方もいるでしょう。

そんな方には「ポリエチレンダンベル」がおすすめ。

通常のダンベルは金属で出来ていますが、ポリエチレンダンベルはその名の通りポリエチレンで出来ています。

ポリエチレンで出来たプレートの中にセメント化合物を入れることで重量を調整しているんですね。

「ダンベル=金属」の認識が強いので違和感があるかもしれませんがしっかり使えます。

こちらの記事に詳しくまとめてあるので興味のある方は是非読んでみてくださいね↓

合わせて読みたい

【おすすめ】ポリエチレンダンベルが安い!意外と知らない激安筋トレ器具とは?

ダンベルに関連するおすすめ記事

合わせて読みたい
>>【必見】ダンベルおすすめ15選!確実に筋肉をつける選び方とは?

>>ダンベル選びに悩んでいる方必見!必ず読むべきおすすめ人気記事まとめ

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonで買い物するときは、お金をチャージしたギフト券が、断然お得なの知ってますか?

なんと、チャージするたびに、最大2.5%分のAmazonポイントが貯まるんです!

ギフト券の詳細や、チャージの方法は公式サイトでチェック。

▶今なら、初回購入限定で5,000円チャージで1,000ポイントゲット!

▶Amazonギフト券は10年間有効!

>Amazonギフト券の公式サイトはこちら