Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ダンベル

【可変式】パワーブロック/ブロックダンベルがおすすめ!特徴と選び方まとめ

パワーブロックというダンベルを知ってますか?

四角い見た目ででダンベルだと言われなければ気づかないかもしれません。

このパワーブロックは重量変更が簡単に行えるという大きな特徴を持っています。

自宅で筋トレするために多くの人が購入するのは一般的なスクリュータイプのダンベルでしょう。

このダンベルが1番普及しているし使いやすさも良いのですが、重量を変えるのに時間がかかってしまうという弱点があるんです。

今回紹介するパワーブロックはその悩みを解決してくれるダンベルなんです!

重量変更が簡単に行えると、ドロップセットやスーパーセットなんかも思いのままに行なうことが出来ますよね。

それではパワーブロックがどんなものなのか見ていきましょう。

おすすめのパワーブロック

アイキャッチ画像の引用元

パワーブロックってどんなもの

パワーブロックとは画像のうように普通のダンベルとは大きく違う形をしているんです。

その名の通り、ダンベルというより「ブロック」といったほうがしっくりきますよね。

スクリュータイプのダンベルと大きく違う点は「ウエイトスタック式」という点。

ジムに置いてあるマシンの重量変更のようにピンの抜き差しで重さを変えることが出来るんですよね。

とはいえ、形が形なだけに好き嫌いが分かれるダンベルでもあります。

また、なかなか目にする機会がないのでパワーブロック自体知らない人も多いかもしれません。

プライベートジムで利用されていることが多いですね。

パワーブロックで筋トレをすることで得られるメリット

パワーブロックがどんなものかはなんとなくイメージしてもらえたと思います。

それではパワーブロックで筋トレすることにはどんなメリットがあるのか見ていきましょう。

ウエイトスタック式で重量変更が秒速

パワーブロック 重量を変更するのはピンの抜き差しだけ。

これを可能にしているのがウエイトスタック式の採用ですね。

普通のダンベルはスクリュータイプといって、プレートを固定しているネジのようなものをくるくると回転させなければならないのでどうしても重量を変える際に無駄な時間がかかってしまうんですよね。

その点パワーブロックは自分の扱いたい重量にピンを差すだけ!

ほんの数秒で重量変更が出来てしまいます。

重量変更を素早く出来ることによって以下のようなメリットが生まれます。

  • 余計なインターバルを取らなくて済む
  • インターバル中に無駄な動きをしなくて済む
  • スーパーセットを自宅でも行える
  • ドロップセットを自宅でも行える

普通のダンベルだと種目が変わる際に扱う重量が変わるので、インターバルが長くなってしまったり、余計に動かなくてはいけないのでしっかり休むことができなかったりします。

また、スーパーセットやドロップセットのように素早く他の重量に変えることが要求される筋トレ法を行なうことが出来ないのも痛い。

これらの筋トレ法は筋肉を追い込むためにとても効果的なので、是非行いたいもの。

パワーブロックなら重量変更がサクッと出来るので、自宅でも高強度のトレーニングができるようになるってわけなんですね。

収納スペースが少なく済む

自宅ダンベルをそろえようとするとどうしても気になるのが収納スペースですよね。

パワーブロックであればその心配も解決できます。

パワーブロックの本体には収納スペースがあるので、そこにガチャっとしまうだけなんですね。

他のダンベルだと、プレートを別にしなくちゃいけなかったり、シャフトが長かったりと意外と収納に苦労するんですよ。

パワーブロックなら本体以上のスペースが必要になることはないので省スペースで済みますよ。

見た目によらずコンパクト

通常のダンベルが丸みを帯びているのに対して、パワーブロックはカクカクしているのでかなりゴツく見えてしまいがち。

しかし、本体をみてみると意外にもコンパクトに出来ていて驚きます。

形が違うことによる脳の錯覚なんでしょうかね。

想像よりも取り回しがいいので「なんかデカくて邪魔そう」と思っている方は少し考えを改めたほうが良いかもしれません笑

頑丈設計で安全

これは見た目通りという感じでしょうか笑

見た目のゴツさ通り耐久性は抜群です。

自宅での筋トレように購入する方が多いの放り投げたりすることはないと思いますが、限界まで筋肉を鍛えていると時には「ガシャン」と勢い良く落としてしまうこともあるでしょう。

そんな時でも破損すること無く使える安心設計なんですね。

そのため一度購入してしまえばかなりの半永久的に使えるのは嬉しいポイント。

1つのセットで複数のダンベルと同じ価値

パワーブロックは1つのセットで複数の重量を扱うことが出来る。

ジムのように広いスペースがあれば、何個もダンベルをそろえることも出来ますが、自宅で筋トレを行なう場合はそうは行きませんよね。

パワーブロックは2.3kg~41kgの間で27段階の重量変更を行えるものと、4.5kg~23kgの間で9段階の重量変更を行えるものがあります。

これだけの重量を1つのセットで扱えるのはとても嬉しいですよね。

ダンベルを膝の上に置くオンザニーがやりやすい

高重量のダンベルダンベルベンチプレスなどを行なう時に、一気にスタートポジションまで持っていくのは大変なので一度膝において、勢いを使ってスタートポジションまでダンベルを持ちげますよね。

パワーブロックの両側面はは四角く平らなので、通常のダンベルよりも安定してオン・ザ・ニーを行なうことができるんです!

ちょっとしたことかもしれませんが、安全に筋トレを行なうための一つのメリットですね。

所有欲が満たせる

これはメリットと言っていいのか分かりませんが、パワーブロックを自宅に持っているとちょっと優越感を感じることが出来ます。

普通の人は持っていないですからね。

筋トレ仲間に話したら「見せて」とか「羨ましいな」と言われること間違い無し。

一種のコレクション的なものにもなりますよ笑

パワーブロックの使い方重量変更の方法

パワーブロックの重量変更は至って簡単。

プレート脇についているピンを自分が使用したい位置に差すだけ。

こうすることで使用したい重さだけが本体と分離する仕組みなんです

慣れてしまえばたった3秒で重量の変更が可能なんですよ。

f:id:tomorrow-be-muscle:20170428141646j:plain

パワーブロックで行える筋トレ

普通のダンベルと同じような筋トレを行なうことが出来ます。

また、トレーニングベンチを組み合わせることでより多くの種目を行えるようになりますよ。

パワーブロックで行える代表的な筋トレ種目

※一例

パワーブロックで筋トレをする上でのデメリット

メリットの多いパワーブロックですが、もちろんデメリットも存在します。

良さがあれば悪さもありますよね。

価格が圧倒的に高い

パワーブロックの大きなデメリットはなんといっても価格の高さ。

最大41kgまでの重量を扱えるタイプだとその値段は12万円以上。

もちろん値段以上のメリットがあるのも事実なので、高いか安いかを決めるのはあなたです。

とはいえ長期的に使用することを考えれば、ジムに1年間通う料金と変わらないのでコスパは良いかもしれませんね。

本格的に自宅で筋トレすることを考えている人におすすめな筋トレ器具です。

>>ぼくのおすすめのアジャスタブルダンベルを見る

筋トレ種目によってはカチャカチャと音がする

プレートがいくつも重なっている構造上、ある程度重さを超えてくるとプレート同士のカチャカチャという音が発生してきます。

人によっては気になってしまうと思うのでデメリットに挙げさせてもらいました。

ちなみに、個人的にはあの音は好きです。

なんか「筋トレしてるなーーー」って感じがしません?笑

どうしても気になってしまう場合は金属部分をウレタンで保護しているタイプもあるので検討してみてください。

>>僕のおすすめのアジャスタブルダンベルを見る

特異な形なので慣れるのに時間がかかる

今まで使っていたダンベルとはまるで違う形なので、始めは慣れるのに苦労するでしょう。

通常のダンベルと重心も変わってくるので、種目によっては同じ重量なのに重く感じたり、軽く感じたりするかもしれません。

もちろん時間の問題なのでそこまで深く考えることではないでしょう。

>>ぼくのおすすめのアジャスタブルダンベルを見る

パワーブロックの偽物に気をつけろ

ここまでパワーブロックについて色々と紹介してきました。

パワーブロックにはメリットがたくさんあるので購入しようと思っている方もいるかもしれません。

そこで、購入を検討している方に1つ注意してほしいことがあります。

パワーブロックはその利便性や人気から、数々のコピー品が流通してしまっているんですね。

コピー品はかなり安く、ものによってはパワーブロックの半額ほどで購入できるものもあります。

見た目や機能はほぼ同じなのですが、本家のパワーブロックではありませんので耐久度や安全性には少し疑問が残ります。

本家のパワーブロック以外は基本的に「ブロックダンベル」として販売されていることがほとんどなので商品名に気をつけておきましょう。

偽物のブロックダンベルが粗悪品というわけではない

パワーブロック以外のブロックダンベルが粗悪品で使い物にならないと言えばそれは嘘になります。

実際に購入した人のレビューを見る限りでは、「本家より安っぽさが目立つが耐久性や使用感は自宅で使う分には全く問題ない」というコメントが多いです。

ですのでなるべく安くパワーブロックもとい、ブロックダンベルを購入したい方はこちらを選んでみるのも1つの選択肢かもしれません。

もちろん本家のパワーブロックとは仕組みや、使用方法が異なる可能性もあるので詳しくはご自分の目で確かめてみてください。

おすすめのパワーブロック

パワーブロックには偽物もありますが、個人的には偽物でもかなり安く買えるのであればOKかなという印象です。

ですが、安心感の高い本家のほうが絶対に良いと思う方もいるでしょう。

最終的には使用する方が決めることなので、本物と偽物どちらにするか検討してみてください。

新型-パワーブロック-SP-EXP-90

本家本元のパワーブロックの最大重量41kgタイプ。

かなりの値段ですが、自宅での筋トレを長期間で考えているのならコストパフォーマンスは抜群。

1年間のジムの会費だと思えば、安いものでは?

本格的な筋トレを自宅で行いたい方にオススメです。

基本スペック

  • 重量 : 片方90ポンド(約41kg)×2
  • 最小2.27kg(5ポンド)~最大41kg(90ポンド)
  • サイズ : 横約39.5cm×高さ約18cm×奥行約19cm
  • 調整可能段階数 : 27段階(約5ポンド刻み)

※1ポンドは約0.45kg

価格帯

  • 126,360円~

※価格は変動するので直接確認してください

新型-パワーブロック-SP50

※現在品切れの模様

本家本元のパワーブロックの最大重量が23kgタイプのもの。

普通に自宅で筋トレをする程度なら、この重量でも十分筋肉を追い込むことは可能なので、ご自身の扱う重さを考慮してみてください。

基本スペック-1

  • 重量 : 片方50ポンド(約23kg)×2
  • 最小4.5kg(10ポンド)~最大23kg(50ポンド)
  • サイズ : 横約33cm×高さ約17cm×奥行約17cm
  • 調整可能段階数 : 9段階(約5ポンド刻み)

※1ポンドは約0.45kg

価格帯-1

  • 58,800円~

※価格は変動するので直接確認してください

最新式FlexBellフレックスベル

ついにスウェーデン発の高機能可変式ダンベルが満を持して日本で発売されました!

機能性も去ることながらスタイリッシュな見た目で非常に高級感のあるダンベルになっています。

最大20kgのものと最大32kgの2パターンを用意。

自宅での筋トレをよりハードに行いたい方は迷わず32kgタイプを選びましょう。

残念がらパワーブロックと比べると重量の調節は細かく設定できません。

ですが、1年間の製品保証もついていますし、今なら他の誰ともかぶりません(笑)

新しいもの好きな方はぜひチェツクしてみてください!

基本スペック-2

  • 重量 : 片方32kgまたは20kg×2
  • 最小2kg~32kg
  • 調節可能段階数 : 20kgの場合は6段階 30kgの場合は9段階
  • サイズ : 記載なし

価格帯-2

  • 49,800円~59,800円

※価格は変動するので直接確認してください

可変式パワーダンベルセット-90ポンド約41kg

こちらはいわゆるパワーブロックの偽物、ブロックダンベルですね。

しかし、最大重量が41kgまでなのにも関わらず本家本元のパワーブロックの最大重量23kgのタイプよりも価格が安いです。

レビューを見る限りある程度の信用はあるようなので、出来るだけ安く購入したいのであれば迷わずこちらを選ぶべきでしょう。

基本スペック-3

  • 重量 : 片方90ポンド (約41kg) ×2
  • 最小5ポンド(約2.3kg)~最大90ポンド (約41kg)
  • 調整可能段階数 : 27段階
  • サイズ : 横42×縦16.5×奥行17cm

※1ポンドは約0.45kg

価格帯-3

  • 49,980円~

※価格は変動するので直接確認してください

POWER-BLOCKUSA-パワーブロック専用スタンド

本家本元のパワーブロックを置いておける専用のスタンドです。

これがあれば重量調節の際にいちいちかがむ必要もなくなり、かっこよく収納することが出来ます。

コレクション欲の強い人は是非揃えておきたい商品ですね。

created by Rinker
Power Block
¥33,147
(2018/11/15 21:19:22時点 Amazon調べ-詳細)

基本スペック-4

  • 重量 : 12.5kg

価格帯-4

  • 32,400円~

※価格は変動するので直接確認してください

パワーブロックじゃなくても一瞬で重さを変えられるダンベルがある

合わせて読みたい

アジャスタブルダンベルのおすすめ商品を紹介!それぞれの違いを解説