Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
筋トレ器具

【おすすめ】ポリエチレンダンベルが安い!意外と知らない激安筋トレ器具とは?

自宅で筋トレするためにダンベルを探しているけど、意外と高いんだなって思ってませんか?

今回紹介するポリエチレンダンベルなら1万円以下でダンベルを手に入れることが出来るんですよ!

どうせならなるべく安く筋トレ器具を揃えたいですよね。

それでは激安なポリエチレンダンベルについて紹介していきます。

アイキャッチ画像の引用元

ポリエチレンダンベルとは

ダンベルは基本的に「鉄製」で出来ています。

鉄がむき出し状態で売られているダンベルを一般的に「アイアンタイプ」と呼び、フローリングや床に傷がつかないように外側にラバーを付けることの出来るものを「ラバータイプ」と呼んでいます。

現在この2種類がもっとも主流のダンベルなんですね。

皆さんがダンベル購入を考えたことがあるなら一度は見ているはず。

さて、ポリエチレンダンベルとは何かというとそのままの意味で「ポリエチレン」で出来ているダンベルのことなんです。

鉄製では無いので少し違和感があるかもしれませんが、しっかりと重量もあるんですよ。

ポリエチレンで出来たプレートの中には砂(セメント化合物)を入れることで重さを調整してあります。

また、多くのダンベルと同様に可変式のダンベルなので、プレートの枚数を変えることで重量の変更が出来ます。

ポリエチレンダンベルのメリット

ポリエチレンダンベルの何が良いのか、一般的な可変式ダンベルと比べて見ていきましょう。

圧倒的に価格が安い

ポリエチレンダンベルを選ぶもっとも大きなメリットは他のダンベルを購入するより、価格がめちゃくちゃ安いことです。

鉄製ではないのでその分価格を抑えられているのでしょうね。

参考までに同じ重さのラバータイプのダンベルと価格を比較してみます。

30kg2個の合計60kgのダンベルで価格比較

通常のラバーダンベルの参考価格

  • 17,172円~
  • ※アイロテックのラバーダンベルを参考にしています
  • ※価格は変動するので直接確認してください

ポリエチレンダンベルの参考価格

  • 8,980円~
  • ※YouTenのポリエチレンダンベルを参考にしています
  • ※価格は変動するので直接確認してください

静音性が高く床やフローリングを傷つけにくい

鉄製ではないので、その分床に置く時の静音性に優れています。

また、床やフローリングの上で使う際も傷つけにくい特徴があるのも嬉しいポイント。

ラバーダンベルも同様に静音性が高く、床やフローリングを傷つけませんが、鉄製に比べると価格が高いのでポリエチレンダンベルを選ぶのもあり!

ラバーダンベルにありがちなゴム臭がしない

ダンベルを購入する際、多くの方は床を傷つけないようにラバーダンベルを選びます。確かに床を傷つけないし、音も静かなんですけどラバーってすごいゴム臭がするんですよね。

あの独特な臭いが苦手な人はかなり苦痛になるかもしれません。

もちろんある程度の期間が経てば臭いはマシになりますが、ポリエチレンダンベルなら臭いを気にする必要はありません。

鼻が敏感な方はポリエチレンダンベルを選ぶべきですよ!

鉄製ではないので絶対に錆びない

鉄製のダンベルを使っていると汗などによって錆びてきてしまいます。

しかし、ポリエチレンダンベルなら絶対に錆びることはありません。

つまり、長期間使用しても劣化しにくいということです。

ダンベルは一度買ったらずっと使い続けていくものなので、なるべく長持ちするものがいいですよね。

ポリエチレンダンベルのデメリット

ポリエチレンダンベルには色々とメリットがありますが、一般的なダンベルとは違うのでデメリットもあるんですね。

僕が感じたポリエチレンダンベルのデメリットを紹介します。

一般的なダンベルよりも大きめ

ポリエチレンダンベルは一般的な鉄製のダンベルと比べると、少し大きめに作られています。

そのため、種目によってはダンベル同士がぶつかってしまうことがあるんですよね。

また、通常のダンベルよりも大きめな分スペースも広めに取らなければいけないのもデメリットではないでしょうか。

とはいえ、半畳分のスペースには収まるのでそこまで気にする必要はないかもしれません。

プレートの規格が一般的なダンベルと違う

鉄製のダンベルとポリエチレン製のダンベルでは、プレートの材質だけでなく大きさなども違うので重量が物足りなくなった時に買い足す際、少し大変です。

鉄製のダンベルはほとんどが同じ大きさなので、メーカー問わず買うことが出来るため、デメリットに挙げました。

しかし、始めから60kgセットなどの重たい重量を購入してしまえば買い足すことなく、長く使うことが出来るためそれほど大きなデメリットではありません。

作りが安っぽい

鉄製のダンベルと比べると作りが非常に安っぽいです。

ポリエチレンなので、どうしてもテカテカしていてチープな印象でイマイチかっこ悪いんですよね。

モノにこだわりが強い方はあまり好きじゃないかもしれません。

逆に、使えればそれで良いという方には激安の最強ダンベルになるでしょう。

普通のダンベルが良いと思ったあなたへ

【初心者必見】ダンベルおすすめランキング&失敗しない選び方を解説

おすすめのポリエチレンダンベル

ポリエチレンダンベルのメリット・デメリットを紹介してきました。

とにかく安いポリエチレンダンベルですが、重量や作りによって各々違いがありますので、僕のおすすめを紹介していきますね。

見た目がカッコいいアーミーダンベル

f:id:tomorrow-be-muscle:20170429095319j:plain

画像の引用元

ポリエチレンダンベルのデメリットとして見た目が安っぽくダサいとお伝えしましたが、アーミーダンベルはそのデメリットを払拭してくれています!

正直鉄製のダンベルよりもカッコいいかもしれません。

それくらい見た目にこだわっているポリエチレンダンベルなんです。

個人的には60kgセットが販売していないのが少し残念ですね。

また、重さを変えることはもちろん出来るのですが、変更できる幅が少ないので細かく重さを調節したい方には向きません。

とはいえ、かっよく軍隊の筋トレ気分を味わいたいならアーミーダンベルがおすすめです!!

アーミーダンベル-LEDB-20-シリーズ

アーミーダンベル-LEDB-20-シリーズ-レッド

1万円以下でダンベルが手に入る60kgセットでガンガン鍛えろ

f:id:tomorrow-be-muscle:20170429095818j:plain

アーミーダンベルに比べると見劣りしていますが、ポリエチレンダンベルの定番です。

60kgセットまであるので筋トレ初級者から上級者まで使えるマルチなポリエチレンダンベル

重量変更も鉄製のダンベルと同様に細かく変更できます

行なう種目に合わせて重量を変えることが出来るのが嬉しいですよね。

とにかく安いので、1万円以下ダンベルを手に入れたい人におすすめです!

YouTen-ダンベル-60kg-30kg-2個セット-合計60kg

ダンベルの選び方を詳しく解説しています

合わせて読みたい

【初心者必見】ダンベルおすすめランキング&失敗しない選び方を解説