Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
筋トレ器具

ダンベルの棒の部分『シャフト』の選び方に注意!安全性を考慮しよう

ダンベルを選ぶにあたって握る部分、棒のようになっているシャフトの種類も重要になってきます。

ダンベルを選ぶ際に多くの方は「重さ」をメインに決めると思います。

しかし、シャフト部分をしっかり見ておかないと最悪の場合は怪我にもつながるのでしっかりと選ぶ必要があります。

ということで今回はダンベルの棒の部分であるシャフトの選び方について紹介していきます。

アイキャッチ画像の引用元

「スクリューシャフト」と「ノーマルシャフト」

ダンベルのシャフトを選ぶにあたって最も大切なのが「スクリューシャフト」なのか「ノーマルシャフト」なのかということ。

結論から言うと絶対に「スクリューシャフト」にするべきなんですね。

それでは、なぜスクリューシャフトにするべきなのか、お互いの特徴を比較しながら見ていきましょう。

ノーマルシャフトの特徴

f:id:tomorrow-be-muscle:20180103162240j:plain

画像の引用元

ノーマルシャフトは表面がつるつるとしていて、プレートの落下を防ぐためのストッパーについているネジを回して固定します。

ストッパーの脱着が簡単な反面、ネジが緩みやすくストッパーが外れやすいのでプレートが落下する可能性が高いです。

ダンベルで行う種目によっては頭にプレートが落ちてきてしまうこともあるので安全性に欠けていると言えます。

スクリューシャフトの特徴

f:id:tomorrow-be-muscle:20180103162256j:plain

画像の引用元

スクリューシャフトはシャフトの表面にギザギザとしたネジ山が刻まれていて、ストッパーがしっかりとシャフトに噛み合います。

そのため、安定性が増し基本的にプレートが落下することはありません。

ですが、ストッパーをぐるぐると回転させる必要があるので脱着に少し時間を取られてしまうのがデメリット。

怪我をしたら元も子もない!安全性を重視してスクリューシャフトを選ぶ

安全面で見ると、圧倒的にスクリューシャフトがおすすめなのが分かりますよね。

確かにノーマルシャフトの方が時短にはなりますが、怪我をしてしまっては本末転倒。

ほんの少しの時間を節約することにこだわるのではなく、安全に筋トレすることを第一に考えましょう。

ローレット加工あり?なし?

f:id:tomorrow-be-muscle:20180103162700j:plain

画像の引用元

ローレット加工とはシャフトの握る部分についてる「ギザギザ」のこと。

これがあることで手が滑りにくく、ホールド力が高まります。

しかし、一方でローレット加工が手に食い込んでしまって痛いということもあるんです。

では、一体ローレット加工はされている方が良いのかされていないほうが良いのかどちらなのかということですが、これは一概には言えません。

その理由について下記で説明しますね。

重量を変えることが出来る可変式のダンベルは基本的にローレット加工がされている

ぼくはダンベルを購入する際に重量を変えることが出来る可変式のダンベルをおすすめしています。

その理由についてはこちらの記事を読んでみてください。

可変式のダンベルを選ぶ場合、基本的にローレット加工がされているシャフトが付いてきます。

これは高重量扱うことを考慮してのことでしょう。

高重量を扱う場合、手が滑ってしまうのは非常に危険なため可変式のダンベルは基本的にローレット加工をしているものだと考えられます。

どうしても手が痛い場合はトレーニンググローブを使用すればかなり軽減されるのでローレット加工されているダンベルを選ぶ場合は一緒に購入しておくといいですね。

重量固定タイプのダンベルならローレット加工無しのシャフトもある

可変式のダンベルと違い5kgなら5kg、10kgなら10kgと重量が固定されているタイプのダンベルであればローレット加工がされていないシャフトもあります。

しかし、重量固定タイプのダンベルを筋トレに使うとなると「腕の筋トレの時は重すぎるけど胸の筋トレでは軽すぎる」といった問題が起こり、結果的に何個もそろえなくてはいけなくなってしまう可能性があります。

これではコストもかかりますし、かなりのスペースが必要になるため自宅に十分なスペースが有り、お金に相当の余裕がない限りおすすめは出来ません。

そのため、ぼく個人としては可変式のダンベルを選び、トレーニンググローブを一緒に購入することをおすすめしますね。

ダンベルの選び方について詳しく解説している記事はこちら↓

合わせて読みたい

【初心者必見】ダンベルおすすめランキング&失敗しない選び方を解説

ダンベルを選ぶ際は「スクリューシャフト」であることを確認しよう

ダンベルを選ぶ際は棒の部分、つまりシャフトがスクリューシャフトであることを確認してから購入するようにしましょう。

これは安全面を考慮する上で大切なことです。

筋トレは筋肉を大きくしたり、かっこよくすることが目的なのに怪我をしてしまっては何の意味もありません。

高重量を扱えば扱うほど、危険度も高くなるので必ずスクリューシャフトを選ぶようにしましょう。

【ぼくのおすすめダンベル】今なら定価の5,000円OFF!ダイヤル式アジャスタブルダンベル「Motions」

ぼくが現在使っているダンベルです。

ダイヤル式のアジャスタブルダンベルなので非常に使い勝手がよく、重量変更のストレスも無いので非常に満足しています。

Motionsのアジャスタブルダンベルは機能性や品質はもちろん良いのですが

とにかく安い

他のアジャスタブルダンベルと比べるとかなりお得なんですよね。

ここまで高品質でこの値段で良いのか?と思ってしまいます。

しかも!

今ならキャンペーンサイトからの購入でなんと5,000円OFF

さらに、トレーニンググローブまで無料で付いてきます。

ここまでサービスが良いと逆に不安になりますが、3ヶ月のメーカー保証付きで安心なんですよ。

こんなに安く買える高品質なアジャスタブルダンベルは他にありません。

期間限定のキャンペーンなので、購入の際はお早めに。

Motionsのキャンペーンサイトを見に行く

合わせて読みたい

【超便利】2秒で重量変更できるMotionsのアジャスタブルダンベルを徹底レビュー!

筋トレ器具について詳しく知りたい方はこちら

合わせて読みたい

【初心者必見】ダンベルおすすめランキング&失敗しない選び方を解説

【おすすめ】ポリエチレンダンベルが安い!意外と知らない激安筋トレ器具とは?