Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
筋トレするならまずはダンベル
ダンベル

ダンベルセットのおすすめはこれ!高重量セットを選んで筋肉を増やす

ダンベルセットは筋トレするのに必須な器具ですが、種類が沢山あるので正直何を選んで良いのかわからないというのが本音ですよね。

ダンベルセットの購入で一番悩むのは「自分に合ったダンベルはどれなのか」ということだと思います。
実際ぼくも初めてダンベルセットを買う時はかなり迷いました。

ということで今回はダンベルセットの選び方やおすすめのダンベルセットについて詳しく解説していきます。
また、この記事の内容はかなり初心者向けに書いてあるのでもう少し簡単に知りたい方はこちらの記事を参考にしてみると良いと思います。

あわせて読みたい
ダンベルのおすすめベスト5!絶対に失敗しないダンベル選びの教科書筋トレを行うのに必須の「ダンベル」 自宅で筋トレをしようと思っているなら必ず揃えたい筋トレ器具。 とはいっても、種類がたくさ...

それでは本編に参りましょう!

ダンベルは2個で1セット!1個だけだと筋トレの効果は低い

ダンベルというのは2個で1セットです。
意外にもダンベルは1個で大丈夫だと思っている方が多いんですね。

確かに1個でも筋トレを行うことは出来ます。

しかし、筋トレ初心者の場合は両手同時に扱うことで筋肉の成長速度を高めることが出来ますし、そのほうがバランスよく鍛えることが出来るようになるんですね。
また、1個しかない場合片側ずつ筋トレを行うことしかできません。
種目によってはあえて片側ずつ行う種目もありますが、筋トレのほとんどは両手同時に使います。

片手ずつしか筋トレを行えないとなると、筋トレにより多くの時間を費やしてしまうことになってしまうんです。
筋トレに割ける時間が多い方はそこまで気にならないかもしれませんが、多くの方は仕事をしながら、学校に通いながら筋トレを行うと思いますのでなるべく筋トレの時間を短縮したいと考えると思います。
是非ダンベルを購入する際は1個だけで購入しないようにしてくださいね!

ダンベルセットを購入する時はなるべく重たい重量を選ぼう!

ダンベルのセットを購入する際に気をつけたいポイントは「重さ」。

ダンベルセットを購入する時は出来るだけ重たい重量で買っておくことをおすすめします。
一般的なダンベルセットで考えると片側30kg、合わせて60kgセットというのが重たい重量のダンベルセットということになるでしょう。

これを聞いたあなたはおそらく
「は?30kgなんか重たすぎて持ち上がらんわ!」
と、思うはずです。ぼく自身も初めにこれを聞いた時はマジで意味が分からなかったですからね笑

ということで、なぜ出来るだけ重たいダンベルセットを購入するべきなのかについて詳しく解説していきますね。

初心者は片側30kg、合わせて60kgセットの重たいダンベルで筋トレできるのか

恐らくはじめに浮かぶ疑問はここだと思います。
30kgって想像より重たいですからね。

結果からいうと、一般的な男性では30kgのダンベルは持つだけでも一苦労します。
何かスポーツをやっていたとか、元から力が異常に強いという方以外は筋トレの種目のほぼ全てを行うことは出来ません。

では、なぜそんなに重たい重量を購入したほうが良いのかというと「片側30kgのダンベル」というのは「最大重量が30kg」ということだからなんです。
つまり、片側30kgのダンベルというのは、重さを変えることが出来るダンベルの事で、その最大重量が30kgという意味なんですね。

このように重さを変えることが出来るダンベルの事を「可変式ダンベル」といい、自宅用にダンベルセットを購入する場合はほとんどの方が可変式ダンベルを購入します。
なぜなら、1セットで様々な重量を扱うことが出来ますし、何個もダンベルを揃える必要がないのでスペースを節約することが出来るからです。

多くの可変式ダンベルは、最低重量が2.5kg程度からなので筋トレ初心者の方でも容易に扱うことが出来る重量になっています。
2.5kgから30kgの間に5kg、7kg、10kgなどと重量を変化させることが出来るので「自分は30kgなんてとても持てない」と思っている方でも安心して使用することが出来るんですよ。

あわせて読みたい
ダンベルのおすすめベスト5!絶対に失敗しないダンベル選びの教科書筋トレを行うのに必須の「ダンベル」 自宅で筋トレをしようと思っているなら必ず揃えたい筋トレ器具。 とはいっても、種類がたくさ...

筋肉を増やすためには重量を増やす必要がある

さて、ここから説明するのは「なぜ重たい重量」のダンベルセットを初めに購入するべきなのかという点です。

まず1つ目は「筋肉を増やすためには重たい重量を扱う必要がある」ということ。

筋トレで筋肉を増やすためには「日常生活レベル以上の負荷」を筋肉に与える必要があるんです。
この日常生活レベル以上の負荷をつくるのが「ダンベルの重さ」というわけ。

筋トレを行うときによく目安にされるのが「10回動作を繰り返すのが限界」という重さ。
この重さで筋トレを行うことで、効率よく筋肉を増やすことが出来るんです。

ですが、筋トレを行うにつれて筋力も強くなります。
ということは、扱える重さも比例して増えていくことになるんです。
この時に軽い重さしか扱うことが出来ないダンベルセットしかないと、その時点で筋肉量や筋力が頭打ちになってしまうということになりかねません。

つまり、重たい重量のダンベルセットをおすすめするのは筋トレの効率を上げるためというわけなんです。

あわせて読みたい
ダンベルのおすすめベスト5!絶対に失敗しないダンベル選びの教科書筋トレを行うのに必須の「ダンベル」 自宅で筋トレをしようと思っているなら必ず揃えたい筋トレ器具。 とはいっても、種類がたくさ...

筋トレ初心者は重量が右肩上がりに増える

前項で「筋トレを行うに連れて筋力が強くなり、扱える重量が増える」とお伝えしました。
実は、この現象は筋トレ初心者の方に顕著に起こるんです。

なぜかというと「神経系」の発達が著しいから。
筋トレ初心者は上級者と比べて筋力は弱いですが、成長幅は圧倒的に上なんです。
まぁ、簡単に言うなら「伸びしろですねぇ」という感じでしょうか。

筋トレをやればやるほど、重量を増やすのは難しくなっていくものなので「あーもう一度、初心者の頃のどんどん重量が増えていく感覚を味わいたい」と感じている人が多くいます。
それだけ、筋トレを始めたばかりの頃が右肩上がりに重量を増やしていくことが出来るんですね。

以上のことを踏まえて、ダンベルセットを購入する場合は出来るだけ重たい重量の購入を心からおすすめします。
気持ちいいぐらいにどんどん重量を増やしていけるので楽しいですよ!

あわせて読みたい
ダンベルのおすすめベスト5!絶対に失敗しないダンベル選びの教科書筋トレを行うのに必須の「ダンベル」 自宅で筋トレをしようと思っているなら必ず揃えたい筋トレ器具。 とはいっても、種類がたくさ...

筋トレ種目によって扱える重量が変わる

最後になりますが、なるべく重たい重量のダンベルセットを購入したほうが良い理由には「筋トレ種目によって扱える重量が変わる」というものがあります。

例えば腕を鍛えるダンベルカール、胸筋を鍛えるダンベルベンチプレス。
この2種類の筋トレは鍛える筋肉の部位が違いますよね、「腕」と「胸筋」
シンプルに考えて「腕」と「胸筋」ってどっちが大きな筋肉だと思いますか?
…………………

そうなんです「胸筋」の方が大きな筋肉なんですね。
なぜ筋肉の大きさが重要かというと、筋肉の大きさによって発揮できる力に大きな違いがあり、大きい筋肉であればあるほど大きな力を発揮できるからなんです。
軽自動車とトラックなら、トラックのほうが大きな力を出せるのと同じ感覚ですね。

つまり、鍛える筋肉の部位によって扱える重量に違いがあるということなんです。
腕を鍛えるダンベルカールでは10kgが限界でも、胸を鍛えるダンベルベンチプレスでは10kgでは軽すぎる。ということが起こるんです。
こんな時出来るだけ重たいダンベルセットがあれば、ダンベルベンチプレスを30kgで行うことが出来るというわけなんですよね。

先程も説明したとおり、筋肉を成長させるための重さは「10回動作を繰り返すのが限界」の重さ。
出来るだけ重たい可変式のダンベルセットがあればどんな種目にも対応できるというわけ!!

あわせて読みたい
ダンベルのおすすめベスト5!絶対に失敗しないダンベル選びの教科書筋トレを行うのに必須の「ダンベル」 自宅で筋トレをしようと思っているなら必ず揃えたい筋トレ器具。 とはいっても、種類がたくさ...

ダンベルセットのおすすめベスト3!

さて、ダンベルセットについて「出来るだけ重たい重量」を購入しようと説明してきました。

次に気になるのは「どのダンベルセットを選べばいいの?」ということだと思います。
ということで、ここからはぼくがおすすめする高重量のセットを販売している可変式のダンベルについて紹介していきますね!

自宅で筋トレをする際に非常に重要になるのがダンベルセットなので是非最後まで御覧ください。

【第1位】最大重量40kgの圧倒的高重量!Motionsダンベルセット

堂々の第1位はMotionsの可変式ダンベルです。
こちらのダンベルはなんと最大重量40kgのダンベルセットを販売しているんです!
40kgもあれば、筋トレの幅が非常に広がりますし、ジムに行かなくても自宅の筋トレで最大限に筋肉を増やすことが出来ますよ!

40kgは重たすぎるという方には最大重量24kgのダンベルセットもあるので安心です。

しかし、Motionsのダンベルセットの最大の推しポイントはそこではありません。
重量変更の速さこそが、Motionsダンベルの最強たる理由なんです!!
実は、Motionsのダンベルは可変式ダンベルの中でも「アジャスタブルダンベル」と言われるもので重量を変更するスピード非常に速いんです。

「重量の変更が速いってどゆこと?」という方が多くいると思いますので、実際にぼくがMotionsのダンベルで重量を変更している際の動画を御覧ください。

いかがでしょうか。
ダイヤルを回せばあっという間に重量を変更することが出来ていましたよね!!
重量変更の時間を短縮できると筋トレ時間を短くすることが出来ますし、筋トレのセット間の休憩時間にしっかりと体を休ませることが出来るんです。

とはいえ、その他の可変式ダンベルセットの重量変更がどんなものなのか分からなければ比較できないと思うので、合わせて通常の(スピンロック式)可変式ダンベルセットで行う重量変更の様子も御覧ください。

という感じです。
Motionsのダンベルと比べると圧倒的に時間がかかります。
また、このプレートを脱着する作業が意外と疲れるんですよね。
特に筋トレの中盤から終盤にかけての体力が少なくなってきている時はかなりしんどく感じます苦笑

そんな時にMotionsのダンベルのようにサクッと重量変更が出来るとめっちゃくちゃ楽なんですよね〜
ぼくも最初は通常(スピンロック式)の可変式ダンベルを使っていましたがMotionsのダンベルを購入してからはほとんど使わなくなってしまいましたね笑

そんなMotionsのダンベルですが一つ欠点があります。
それは…………….価格の高さ

アジャスタブルダンベルは通常の(スピンロック式)可変式ダンベルに比べると価格が高いんですよね。
そこだけが、買うのを躊躇する理由ではないかなと思います。

気になる価格ですが下記の通り。
現在キャンペーンサイトからの購入で5,000円OFFになっているので赤字の価格で購入することが出来ますよ。

最大重量48kgセット 54,800円49,800円
最大重量24kgセット 34,800円29,800円

また、キャンペーンサイトからの購入でトレーニンググローブが付いてきます。
更に今なら3ヶ月のメーカー保証も付いているので安心。

実際問題、高価な商品ではありますが長期間使えるものであることや、機能性、高重量のセットで有ることを踏まえると、筋トレの質を高めるのに1役も2役も買ってくれるのでぼくはMotionsのダンベルを第1位にしています!

期間限定で安くなっているので、購入するなら今!
筋トレを継続しようと考えている方や、筋肉をつけてマッチョになりたいという方におすすめのダンベルです。

Motionsダンベルのキャンペーンサイトを見に行く

もっとMotionsダンベルについて知りたい方はこちらの記事もどうぞ
>>【超便利】2秒で重量変更できるMotionsのアジャスタブルダンベルを徹底レビュー!

【第2位】家庭用筋トレ器具メーカーの王道!アイロテックダンベルセット

アイロテックは多くの家庭用筋トレ器具を製造している大手メーカーです。
「家庭用筋トレ器具ならアイロテック」と言われるくらいに有名なメーカーなので信頼感は抜群。

その中でも特に人気なのが「ラバーダンベルセット」
ダンベルはプレート部分が金属で出来ているので、フローリングに落とすと傷がついてしまったりする恐れがあります。
ですので金属部分にラバーを被せることで衝撃を吸収できるようにしているんですね。

最近ではフローリングの自宅の方が多いので、ほとんどの方はラバーダンベルを購入しているのではないでしょうか。
ラバーなしのものはラバータイプよりも安いので、コスパを重視する方はラバーなしも候補に入れても良いかもしれませんね。

アイロテックのダンベルセットは通常(スピンロック式)の可変式ダンベルなので重量変更に時間がかかってしまうので、残念ながら2位という結果になっています。
とはいえ、コスパの点ではMotionsのダンベルを大きく凌駕していますね。

本格的な筋トレ器具を所望している方におすすめです。

【第3位】コスパ重視!FIELDOORダンベルセット

FIELDOORのダンベルは安さがウリ。

アイロテックよりも安価に購入することが出来ます

また、FIELDOORのダンベルには「ジョイントシャフト」と呼ばれる、ダンベルのシャフト(持ち手の部分)を連結させて「バーベル」として使用することが出来る様になるものが付属しています。

これを使えば、本物のバーベルのように!とは行きませんが、腕を鍛えるバーベルカールや肩を鍛えるショルダープレスなどのバーベルを使った筋トレも擬似的に行うことが出来るようになります。

もともとはアウトドアメーカーのFIELDOORが制作しているので、品質の面でアイロテックに一歩及ばずということで3位にランクインですが、筋トレに支障をきたすようなことは一切ありませんので安心してくださいね!

耐久性も十分なので、リーズナブルにダンベルを手に入れたい方におすすめ

【まとめ】ダンベルセットは高重量を買うべし

ダンベルセットについて色々と説明してきましたが、一言でまとめると

出来るだけ高重量のダンベルセットを買え!

ということです笑
筋トレは長い期間継続するものなので、最初に重たい重量を購入しておけばあとから買い足す手間もコストも削減できるんですよね。

また、高重量のダンベルセットがあれば筋トレの効果も高いので、是非これからダンベルセットを購入しようとしている方は高重量のダンベルセットを選んでくださいね!

やっぱりぼくのおすすめはMotionsのダンベルセットです!!

あわせて読みたい
【超便利】2秒で重量変更できるMotionsのアジャスタブルダンベルを徹底レビュー!ぼくは今までプレートを入れ替えて重量変更を行う一般的な「スピンロックダンベル」(スクリューシャフト)を使用していました。 しかし、...

それでは。