Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ダンベル

ダンベルの選び方に気をつけろ!よくある質問にマッチョが答える

<<間違いなし!ダンベルおすすめベスト3>>

▼当サイト人気のダンベル

【第1位】Motions可変式ダンベル《自宅筋トレがジム並みに》

【第2位】アイロテックラバーダンベル《迷ったらこれで決まり》

【第3位】ファイティングロードラバーダンベル《コスパ重視のあなたに》

こんにちは、ダンベルで筋トレを続けて6年のヨッシーです。

ぼくは自宅でダンベルを使った筋トレを行い、現在ではこんなマッチョになりました。

実はダンベルの選び方次第では、筋トレの質を向上させ、効率よく筋肉を増やせるようになるんですね。

ということで、今回はダンベルの選び方で気をつけたいよくある質問に徹底的に答えていきたいと思います。

ダンベル選びに関するよくある質問

ダンベル選びに悩んでいる方からのよくある質問にぼくが回答しました。

ここまで記事を読んでも、まだ気になるポイントがあるという方は是非以下のQ&Aを読んでみてくださいね。

Q,1 筋トレ初心者なのですが40kgセットや60kgセットなどの重たいダンベルを買っても大丈夫でしょうか?

筋トレは初心者のうちが一番扱える重量が伸びるので、この時期になるべく重たい重量に触れておくのが非常に大事。

もちろん20kg、30kgのダンベルはそう簡単に扱えるようにはなりませんが、10kg程度であれば3ヶ月から半年もあれば扱えるようになるのですぐに買い足さなくてはいけなくなります。

これではお金の無駄になってしまうため、筋トレを続ける気があるなら迷わずなるべく重たいセットを選ぶようにしましょう。

合わせて読みたい

【超便利】2秒で重量変更できるMotionsのアジャスタブルダンベルを徹底レビュー!

Q,2 ラバーライプのダンベルとアイアンタイプのダンベルどっちが良いですか?

フローリングの床の自宅であれば、アイアンタイプのダンベルだと傷がついてしまうおそれがあるのでラバーライプのダンベルをおすすめします。

気をつけたいのはラバーライプのダンベルは購入時から数週間は独特のゴム臭さがあり、匂いがなくなるまでは少し外においておくなどの工夫が必要になる場合があるということ。

アイアンタイプのダンベルのメリットは価格の安さです。

予算を出来るだけ抑えたい人はアイアンタイプのダンベルを選んだほうがいいですね。

ラバータイプでもアイアンタイプでも性能自体に変わりはないので、自宅の環境と予算と相談して決めてみてください。

ちなみに僕は自宅が畳なのでアイアンタイプのダンベルを使っています。

割りと問題なく使えていますが、畳がほころんでしまっているのが気になるところですね。

合わせて読みたい

【超便利】2秒で重量変更できるMotionsのアジャスタブルダンベルを徹底レビュー!

Q,3 自宅で筋トレする場合はダンベルだけあれば平気ですか?

ダンベルがあれば自宅である程度十分な筋トレを行うことが出来ます。

具体的には「腕」「肩」「背中」「脚」の筋トレを行うことが可能でしょう。

さて、男性が憧れる「胸筋」が入っていないことに気が付きましたか?

実は、胸筋を鍛えるためにはダンベルだけでは不十分なんです。

ダンベルと合わせて。トレーニングベンチを用意することで胸筋を鍛えることが出来るようになります。

最悪トレーニングベンチがなくても無理やり行うことは出来ますが、そこまで効果の高いメニューは行なえません。

トレーニングベンチがあれば「ダンベルベンチプレス」や「ダンベルフライ」などの胸筋を鍛える上で効果的な筋トレ種目を行うことが出来るようになるので、胸筋を鍛えたい方はトレーニングベンチは必須!

また、角度を変えることの出来るトレーニングベンチを選べば胸筋を様々な角度から鍛えることが出来るようになるので、更に効率よく胸筋を発達させることが出来ますよ

詳しくはコチラを参考にしてください。

合わせて読みたい

【徹底比較】トレーニングベンチのおすすめ種類別まとめ!【完全版】

Q,4 ダンベルでの筋トレメニューを教えてください

背中
  • インクラインベンチダンベルロウ
  • ダンベルロウ
  • ダンベルベントオーバーロウ
  • ダンベルデッドリフト
肩(三角筋)
  • ダンベルショルダープレス
  • ダンベルアップライトロウ
  • サイドレイズ
  • リアレイズ
  • フロントレイズ
上腕二頭筋
  • ダンベルカール
  • インクラインカール
  • ハンマーカール
  • コンセントレーションカール
上腕三頭筋
  • ダンベルフレンチプレス
  • ライイングダンベルトライセプスエクステンション
  • トライセプスキックバック
大胸筋
  • インクラインダンベルベンチプレス
  • ダンベルベンチプレス
  • インクラインダンベルフライ
  • ダンベル・プルオーバー
  • ディクラインダンベルベンチプレス
  • ダンベルスクワット
  • ランジ

こんな感じでダンベルでの筋トレを行っています。

ぼくの場合は自宅にダンベルの他にアジャスタブルベンチEZバーがあるので自宅での筋トレでも十分な筋トレを行うことが出来ています。

興味がある方はチェックしてみてください。

ダンベル選びに参考になる記事

合わせて読みたい

ダンベル選びに悩んでいる方必見!必ず読むべきおすすめ人気記事まとめ

【超便利】2秒で重量変更できるMotionsのアジャスタブルダンベルを徹底レビュー!

【必見】ダンベルおすすめ15選!確実に筋肉をつける選び方とは?

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonで買い物するときは、お金をチャージしたギフト券が、断然お得なの知ってますか?

なんと、チャージするたびに、最大2.5%分のAmazonポイントが貯まるんです!

ギフト券の詳細や、チャージの方法は公式サイトでチェック。

▶今なら、初回購入限定で5,000円チャージで1,000ポイントゲット!

▶Amazonギフト券は10年間有効!

>Amazonギフト券の公式サイトはこちら