Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ダンベル

ダンベルの正しい持ち方を紹介!ダンベルには2種類の持ち方があるって知ってた?

<<間違いなし!ダンベルおすすめベスト3>>

▼当サイト人気のダンベル

【第1位】Motions可変式ダンベル《自宅筋トレがジム並みに》

【第2位】アイロテックラバーダンベル《迷ったらこれで決まり》

【第3位】ファイティングロードラバーダンベル《コスパ重視のあなたに》

あなたはダンベルの正しい持ち方を知っていますか?

あまり気にしていないかもしれませんが、実は持ち方によってトレーニングの質が変わることもあるので意識したいポイントなんです。

今回はダンベルの正しい持ち方、持ち方の種類について紹介していきます。

アイキャッチ画像の引用元

ダンベルを正しく持つための注意点

それでは、ダンベルの正しい持ち方について詳しく解説していきますね。

①手首は反らせたり、内側に返さずにしっかり固定する

f:id:tomorrow-be-muscle:20180116215207j:plain

※極端ですがNG例を撮ってみました

 

ダンベルを持つ時は手首をしっかり固定して、反らせたり内側に返さないようにしましょう。

これをやってしまうと力がうまく発揮できないだけでなく、怪我の原因になってしまいます。

手首の関節はデリケートなので、ダンベルのように重たいものを扱う時は特に注意が必要なんですね。

種目によっては手首を返すこともありますが、それはあくまで動作の中で行うことなので基本的にはNG。

>>リストラップは手首を固定して出力を高める便利アイテム 

②ダンベルを握る時に力を入れすぎないようにする

ダンベルを握る時はあまり力を入れすぎないことがポイントになります。

もちろん、動作の途中でダンベルが落下してしまうほどの力加減はNGですが、あまりに強く握り込んでしまうと握力を無駄に消費してしまいます。

これは背中の筋トレでよくやってしまいがちなのですが、ダンベルを強く握り込むが故に背中の筋肉よりも先に「前腕の筋肉」が疲労してしまい握力が弱くなってしまうので注意。

握力がバテるとダンベルを握れなくなってしまい、背中の筋トレが中断してしまいますよね。

背中の筋トレの時は、手は「フック」だと考えて強く握り込む癖を無くしていきましょう。

その他の種目でも言えますが、ダンベルを握るのは筋トレの一部でしかありません。

鍛えたい筋肉を鍛える前に握力がなくなってしまっては本末転倒なので気をつけてください。

>>握力がバテるのを防ぐ筋トレアイテム

ダンベルの持ち方の種類

ダンベルには持ち方が2種類あります。

これを使い分けることで、筋トレの効果高めることが出来るので是非使い分けてみてくださいね。

①親指をダンベルに巻きつけて持つ「サムアラウンドグリップ」

親指をダンベルに巻きつけるようにして持つ、一般的なダンベルの持ち方。

特に意識せずにダンベルを持つ時はこの握り方になる方がほとんどでしょう。

サムアラウンドグリップは握る力が強く、手首を甲手しやすいので怪我をしにくく安定した動作を行えます。

しかし、その反面前腕の筋肉を疲労させやすいので握力が無くなりやすい持ち方とも言えますね。

ベンチプレスや、ショルダープレスのような「押す」動作を高重量で行う時はサムレスグリップで握ることで安全に動作を行うことが出来ます。

サムアラウンドグリップを画像で見る

f:id:tomorrow-be-muscle:20180116215254j:plain

②親指をダンベルから巻き付けない「サムレスグリップ」

サムアラウンドグリップとは対照的に親指をダンベルに巻き付けない持ち方。

親指を巻きつけずに他の4本と同じようにダンベルに「引っ掛ける」ようにして持ちます。

ダンベルを握って持つというよりも、それぞれの指にダンベルを「乗せる」という感覚が特徴的ですね。

サムアラウンドグリップと比べて、ホールド力は弱まりますがその分手首への負担が軽減されます。

また、前腕の筋肉の働きを抑えることが出来るので握力を持続させやすい持ち方なんですね。

背中の筋トレのような「引く」動作を行う時はサムレスグリップで握ることで握力がバテずに、狙った部位の筋肉に刺激が入りやすくなります。

サムレスグリップを画像で見る

f:id:tomorrow-be-muscle:20180116215311j:plain

ダンベルの持ち方とバーベルの持ち方は基本的に同じです。

種目に合った持ち方で、筋トレの効果を高めていきましょう!

合わせて読みたい

【必見】ダンベルおすすめ15選!確実に筋肉をつける選び方とは?

ダンベルに関連するおすすめ記事

合わせて読みたい
>>ダンベル選びに悩んでいる方必見!必ず読むべきおすすめ人気記事まとめ

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonで買い物するときは、お金をチャージしたギフト券が、断然お得なの知ってますか?

なんと、チャージするたびに、最大2.5%分のAmazonポイントが貯まるんです!

ギフト券の詳細や、チャージの方法は公式サイトでチェック。

▶今なら、初回購入限定で5,000円チャージで1,000ポイントゲット!

▶Amazonギフト券は10年間有効!

>Amazonギフト券の公式サイトはこちら