Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
筋トレ器具

ダンベルはお店で買うよりもAmazonで買ったほうが良い理由

あなたはダンベルをどこで買おうと思っていますか?

え?

スポーツ用品店?

断言します、それだけはやめましょう!

なんでかって?

それをこれから説明しますね。

アイキャッチ画像の引用元

お店に置いてあるダンベルは軽すぎる

スポーツ用品店には確かにダンベルは置いてあります。

また、なんとなくそういうお店で買ったほうが良いのかなと考える気持ちも分かります。

しかし、スポーツ用品店に置いてあるダンベルは軽すぎるんです。

今までぼくが見てきたところだと最大10kg、たま〜に20kgのものが置いてあるくらい。

こちらの記事でも説明していますが、ぼくがダンベルを購入する際におすすめしているのは片手最大30kgの可変式ダンベル

このくらいの重量のダンベルは今までスポーツ用品店などでは見たことがありません。

ですが、Amazonならもちろん片手30kgのダンベルがたくさん見つかりますよ。

鉄の部分をむき出しにしたアイアンタイプから、プレート部分をラバーで覆ったラバータイプのものまで、豊富に用意されているのが嬉しいですね。

お店には可変式のダンベルが少ない

スポーツ用品店には重量を変更することが出来る可変式のダンベルはほとんど置いていません。

基本的には重量が決まっている鉄アレイタイプのもの。

鉄アレイタイプが悪いというわけではありませんが、重量を変えることが出来ないと

「腕の筋トレでは重すぎるいけど胸の筋トレでは軽すぎる」なんてことになってしまいがち。

こうなってしまうといくつものダンベルを揃える必要があるため、非常にもったいないんですね。

可変式のダンベルであれば1セット持っているだけで重さを変えることが出来るのでスペースも取りませんし、コスパも良いです。

Amazonには多くの可変式ダンベルがありますので、メーカーで選んだりデザインで選んだりとじっくり決めることが出来ます。

↓数が多すぎてどれを選んだら良いのか分からなくなったらこちらの記事をどうぞ↓

合わせて読みたい

【初心者必見】ダンベルおすすめランキング&失敗しない選び方を解説

お店で買うと持ち帰るのがめんどくさい

スポーツ用品店でダンベルを買う場合はもちろん自宅に持ち帰る必要がありますよね。

そうなるとどうでしょうか。

徒歩や自転車で買いに行くことはないにしても、車まで重たいものを運ばなくてはいけませんよね。

これってぶっちゃけ不必要な疲労だと思いません?

Amazonで買えば、自宅まで運んできてくれるので全く疲れませんよ!

ぶっちゃけAmazonの方が安い

ダンベルは店で買うよりもAmazonで買うべき理由を羅列してきましたがやはり最大の理由は商品の安さ。

スポーツ用品店などで売られているものはそもそもそこまで安くないんですね。

Amazonの方が絶対的に安いです!

以上のことからダンベルを買うなら間違いなくお店ではなくAmazonでの購入をおすすめします!

【ぼくのおすすめダンベル】今なら定価の5,000円OFF!ダイヤル式アジャスタブルダンベル「Motions」

ぼくが現在使っているダンベルです。

ダイヤル式のアジャスタブルダンベルなので非常に使い勝手がよく、重量変更のストレスも無いので非常に満足しています。

Motionsのアジャスタブルダンベルは機能性や品質はもちろん良いのですが

とにかく安い

他のアジャスタブルダンベルと比べるとかなりお得なんですよね。

ここまで高品質でこの値段で良いのか?と思ってしまいます。

しかも!

今ならキャンペーンサイトからの購入でなんと5,000円OFF

Amazonと同様に送料も無料なので安心!

さらに、トレーニンググローブまで無料で付いてきます。

ここまでサービスが良いと逆に不安になりますが、3ヶ月のメーカー保証付きで安心なんですよ。

こんなに安く買える高品質なアジャスタブルダンベルは他にありません。

期間限定のキャンペーンなので、購入の際はお早めに。

Motionsのキャンペーンサイトを見に行く

合わせて読みたい

【超便利】2秒で重量変更できるMotionsのアジャスタブルダンベルを徹底レビュー!

ダンベルの選び方についてはこちらの記事を参考にしてください

合わせて読みたい

【初心者必見】ダンベルおすすめランキング&失敗しない選び方を解説