Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
筋トレ

腹筋ができない?理由を探って正しい筋トレを実践しよう!

  • シックスパックをつくりたいのに腹筋が上手く出来ない
  • 腰が痛くて腹筋がつらい
  • 腹筋運動をしているのに腹筋を使えている気がしない
  • 腹筋の筋力が人より弱い

こんな方におすすめの内容になっています!

腹筋ができないと感じている人は何かしらの原因があります。

おそらく多くの人がそれを知るために検索しているのでしょう。

この記事を読めば自分がどんな理由で腹筋が出来ないのかが分かりますし、解決策も提案しているので悩みを解消できますよ!

是非最後まで読んでいってくださいね。

腹筋が出来ない理由とは

腹筋が出来ない理由には様々な理由があります。

まずは自分がどんな理由で腹筋が出来ないのかを理解して対策を立てていきましょう。

反り腰によって腰が硬く丸めることが出来ない

これは物理的に腹筋の動作が出来ない人に多いですね。

腹筋の力がないとうよりも、腰が固くなってしまっているために丸まらない。

このような人は普段から腰が反った姿勢で生活している場合が多いです。

立った姿勢で前に体を倒していくストレッチで、つま先に手が届かないような人がたくさんいるでしょう。

解決策は1つ、毎日のストレッチです。

固まってしまった腰を柔らかくしてあげることで腰を丸めることが出来るようになるので、腹筋も行えるようになりますよ。

解決策ストレッチ

腰を柔らかくするストレッチは以下のようなものです。

毎日少しずつで良いのでやっていくことで腰を柔らかくすることが出来るので、無理なく続けてみてください。

もちろん、腹筋も同時に行うようにしましょうね。

腰痛によって腹筋の動作がつらい

これは自分が一番分かっているかもしれませんが、腰痛持ちの人にとって腹筋の動作がつらいために出来ないというパターンですね。

このような場合は上体起こしのような腹筋ではなく腰に負担のかかりにくい腹筋の筋トレを行うことで改善できるでしょう。

解決策腰に負担のかかりにくい腹筋の筋トレ

腹筋と言えば上体起こし(シットアップ)をイメージすることが多いです。

これは学校の授業や部活で「腹筋」いえばこの動作を行っていたから。

しかし、このシットアップは腹筋の種目の中でも腰に負担のかかりやすい種目。

なので腰痛持ちの方は腰が痛くて行うのが難しいんですね。

ちなみに、ぼくも腰痛もちなのでシットアップは行いません笑

さて、シットアップがダメならどんな筋トレが良いのでしょうか。

それは「クランチ」という筋トレ。

シットアップは上体を起こす時に腰まで浮かせる動作なのに対して、クランチは腰を地面につけたまま背中を丸めるようにして上体を起こす動作。

腰を動かさないので、負担がかかりにくいんですね。

それではクランチの動作について説明していきます。

クランチのやり方

  1. 仰向けになって両膝を立て、くっつけます
  2. 両手は頭の後ろではなく胸の前でクロスするように置きます
  3. 自分のおへそを覗き込むように背中が地面から浮き上がる程度まで腰を丸めていきます
  4. 腹筋の上部に力が入っていることを確認したら1秒静止し、そのままゆっくりとスタートポジションに戻っていきます

クランチを行う上でのポイント

腹筋をする時に手を頭の後ろに持っていきがちですが、これだと反動を使いやすくなってしまいます。

筋トレで重要なのは鍛える筋肉だけを動かすことなので、基本的に反動を使うのはNG。

また、余計な力が入ってしまい首を痛める可能性があるのでクランチの動作に慣れるまでは胸の前に置くようにしましょう。

解決策シックスパッドを使う

クランチは腰への負担がかなり軽減されるので多くの方はこれで解決出来るでしょう。

しかし、中にはクランチですら動作が辛いという方もいます。

そのような場合はシックスパッドを使いましょう!

シックスパッドは「EMS」と呼ばれ、筋肉に電流を流して収縮させる筋トレ器具

もともとは高齢者の方や、怪我などで筋力が低下してしまった方たちのリハビリ用のものなのですがその技術を応用して筋トレ用につくられたものがシックスパッド

余談ですが、ぼくも骨折後のリハビリにEMSを使用したことがあります。

自分では力が入れられないのですが、電流による刺激で筋肉がピクピク動いているのがよく分かり「すげーー!」と思いながら施術を受けてましたね笑

さて、そんなシックスパッドですが意外とその運動効果を知らない方が多くいるためCMでもかなり宣伝されていますがなかなか利用している人を見かけません。

これは非常にもったいない。

特に、腰痛もちなどワケあって腹筋を行うことが困難な人には是非使って欲しいんです!

シックスパッドを使用後の筋肉量は12も増加していた

シックスパッドの利用による腹筋の筋肉量を、使用前と比較したところなんと12%も上昇していることが分かりました。

この結果からシックスパッド実際に筋肉増加に役立つことが証明されています。

まぁ、当然といえば当然なのですがこのような結果がなければプロアスリートであるクリスティアーノ・ロナウドや長友佑都選手が使用するわけがありません笑

特に長友佑都選手はフィジカルトレーニングに精通していて、独自のトレーニングによって小柄な体格ながら海外の大柄な選手に負けない体づくりを成功させています。

そんな方のお墨付きなら安心できますよね。

脂肪が多すぎて腹筋の動作を行えない

いわゆる肥満体型の人の場合、脂肪が邪魔をして腹筋の動作を行えないということがありえます。

また、動作は行えても腹筋にうまく負荷がかかっていないという可能性もあるんですね。

このような場合の解決策は「脂肪を減らすこと」これにつきます。

シックスパッドを利用して腹筋を鍛えるという手もありますが、脂肪が多いと電流が筋肉まで伝わりにくく、効果が弱くなってしまうんです。

さらに、よく勘違いしている人がいますがシックスパッドには脂肪燃焼の効果は無いので体脂肪を落とすためにシックスパッドを使うのはナンセンス。

まぁ、筋肉量が増えれば代謝が活性化されるので脂肪を燃焼しやすい体になるのは事実ですけどね笑

解決策有酸素運動による体脂肪の減少

肥満体型の人の場合は脂肪を減らしてから腹筋を行ったほうが効果的。

そのため、筋トレと並行して有酸素運動を多めに行うことが大切です。

有酸素運動は「ランニング」「ウォーキング」「水泳」などを取り入れると良いでしょう。

もし、ジムに通えるor通っててプールのある場所であれば水泳を取り入れるとGood

プールの水温は温水であっても体温よりも低いため、体温を維持するために代謝が上がり脂肪を燃焼しやすくなります。

ですが、水の中にいる期間が長くなると体が慣れてしまい代謝を高めるのではなく逆に脂肪を溜め込みやすくしてしまうので注意が必要。

2週間プールでの有酸素運動を行ったら、2週間はランニングマシンを使用した有酸素運動を行うなどの工夫が必要です。

脂肪を減らすために有酸素運動を行うのは非常に効果的ですが、その効果をさらに高めるために筋肉量を増やすのも大切。

筋肉量が増えると基礎代謝(1日中なにもしなくても消費されるカロリー)が高まるのでより短期間で脂肪を減らすことが可能になります。

手っ取り早く基礎代謝を高めたいのであればスクワットがおすすめ。

人間の体の70%の筋肉は下半身にあるので、スクワットを行うことで最速で筋肉量を増やすことが出来るというわけ。

スクワット+有酸素運動で体脂肪を燃やし、腹筋が出来るようになったらかっこいいシックスパックを目指しましょう!

合わせて読みたい

【筋トレ】腹筋を鍛える方法・トレーニング一覧【まとめ】

単純に筋力不足で腹筋が出来ない

そこまで多くないかもしれませんが、単純に腹筋の筋力不足によって腹筋が出来ない可能性もあります。

この場合はシックスパッドを使って筋力を高めるのがもっとも効果的でしょう。

解決策シックスパッドで腹筋を強化

「腹筋の動作が出来ないが腹筋を鍛えたい」

このような悩みを持っているのであれば間違いなくシックスパッドがおすすめ。

シックスパッド使用することで使用前よりも12%も筋肉量が増加しています。

これだけ見てもシックスパッドによる腹筋強化は現実的なものであると言えますよね。

その他にもシックスパッドのメリットはたくさんあるので、詳しく書いていきたいと思います。

「腹筋を鍛えたい!」と強く思っている方は是非参考にしてみてくださいね。

ここがすごいよシックスパッドの魅力

1日1回23分でOK鍛えたい部位に張ってボタンを押すだけ

シックスパッドのトレーニング時間は1回たったの23分

そして1回だけで良いんです!(使用は1日1回までとされているので2回以上行わないようにしてください笑)

23分のトレーニング時間の中でウォームアップ、トレーニング、クールダウンまで自動で行ってくれるので、あなたはボタンを押すだけ!

20段階の強度調節で初心者や女性アスリートまで使える

シックスパッドの強度レベルは20段階。

初めて行う人や、女性は1〜5程度の弱めのレベルから始めましょう。

逆に、普段から筋トレやスポーツを行っていて負荷が弱いと感じるようであれば最大の20で行い、腹筋をガッツリ刺激しちゃってください。

どのような人でも使えるので家族や恋人同士なんかで使うのも良いですよね。

スマートフォンのアプリと連動してデータを記録

シックスパッドにはBluetoothが搭載されていてiPhoneやAndroidなどのスマホのアプリと連携させることが出来るんです。

連携させることによって強度の調節はもちろん、トレーニング状態を可視化してみることが出来ちゃうんです!

鍛えている部位を認識することでトレーニングの効果が高まるのでこれは嬉しい機能。

更に、トレーニングの記録をつけられたり、専門家からのアドバイスも受け取れちゃうんですね。

継続するのが苦手な人でもアプリと連携することで楽しく続けられるようになります。

忘れっぽい人にもリマインド機能があるので安心ですよ。

薄くて軽いコードレスEMS

シックスパッドは充電式なので装着中にコードなどが体にひっくような煩わしさが一切ありません。

これなら着けたままで掃除や洗濯などはもちろん、本を読みながらでも筋肉を鍛えることが出来ますよね。

更に、薄さがなんと約3mm!

「異物感」や「装着感」を気にせずに腹筋を鍛えることが出来ます。

1年間の品質保証送料無料

シックスパッド購入から1年間の品質保証がついていて、期間内であれば故障しても無料で修理・交換してくれるので安心です。

複雑な機械なので取り扱いには注意するでしょうが、突然動かなくなってしまうこともありえますからね、嬉しい保証です。

また、送料が無料なのも嬉しいポイント。

このような商品な送料がかかってしまうものが多いですが、シックスパッドは送料が無料なので安心して公式サイトから購入することが出来ます。

しかも、14時までの注文なら当日中に発送してくれるという対応っぷり。

最近ではAmazonや楽天などの通信販売サイトが主流ですが、やっぱり公式サイトからの注文の方がなにかと安心できますよね。

シックスパッドがおすすめな人

  • 辛い筋トレが続けられない人
  • 運動が苦手な人
  • できるだけ楽に体を鍛えたい人
  • 腹筋を鍛えたいけどめんどくさい人
  • トレーニング時間が取れない人
  • 腹筋運動をする筋力が無い人

腹筋ができないは解決できる自分に合った方法を選ぼう

腹筋ができないとはいえ、理由を分析すれば必ず出来るようになります。

この記事にたどり着いたということは、出来ないから出来るようになりたいという意志を持っているということですよね。

是非今回紹介した方法で腹筋をできるようになってくださいね。

腹筋が出来るようになったら次はバキバキのシックスパックを目指しましょう!